このエントリーをはてなブックマークに追加

日本一カッコいいハゲが遂に決定!ハゲ会の会長べっちさんが グランプリ 受賞 【日本初のハゲのミスターコンテスト】

0

前回⇒日本一かっこいいハゲを決める 「ハゲのミスターコンテスト( ハゲコン )」開催中!ファイナリスト7名が選出される!

主催のBiDANさん⇒日本一カッコいいハゲが遂に決定!!ハゲのミスターコンテスト結果発表!

発毛ライフでは、日本初のハゲのミスターコンテスト、通称「ハゲコン」を予選時から追いかけてまいりましたが 遂に!!

日本一カッコいいハゲが決定しました!

見事グランプリを射止めたのは、ヘビーメタルギタリストの「べっち」さんです! グランプリ

なんとこのべっちさん、自ら「ハゲ会」という会を立ち上げ会長を務めているという筋金入りのイケハゲ!

エントリーのプロフィールにハゲててよかったことは?と聞かれ

『人生全て。ハゲてなかったら今の自分は無い』とまで言い切ってしまうほどハゲにこだわりを持っている身も心も頭皮も、イケメンなお方です。

グランプリ 受賞のべっちさんの素顔

今回グランプリを受賞したべっちさん、18歳の時に脱毛症になり、以来ずっとまともに髪が生えてこないので 綺麗さっぱり剃りあげ、御年42歳の今年まで24年間、ツルッパゲを通してきたという経歴の持ち主。

べっちさんが生きてきた時間の中で、髪が「ある」時間より、「ない」時間の方が多い訳ですからもう筋金入りとしか形容できませんね…。

1054-min

髪の毛はないけれど、ヒゲはフサフサでこんな感じに染めたりして「毛のお洒落」を十分に楽しんでいます。

80年台~90年台まではへヴィーメタルやハードロックの象徴はロングヘアでした。 中にはジョーサトリアーニとかロブ・ハルフォードみたいに昔からスキンヘッドやっている方もいらっしゃいますけど 時代が変わって、今はスキンヘッドでも十分メタル感が出せるんです!

mr

モッズ系を目指してるのに、なぜかVシネ系と言われてしまうという事らしいですが、確かにそんな印象もありますw

そんなべっちさんのグランプリ受賞のコメントを引用させて頂きます。

はじめまして!「べっち」と申します。高校3年の時に円形脱毛症になりそれからずっとハゲとして生きてきました。

途中何度も辛い思いをしましたが、ある日ハゲを個性に変えて生きていこうと思い、全てをさらけ出した結果、愛されるハゲとして生まれ変わる事ができました。

僕はハゲを「心の病」と思っています。毛が抜けても身体的には痛くも痒くもありません。人と違う見た目になったことで生じる心の痛み。

これがハゲた人が感じる痛みです。今回の「ハゲコン」ファイナリストの皆さんは髪が抜けた後、 更に「心の病」からも抜け出しハゲを個性に変えハゲを楽しく表現されている素晴らしい方々ばかりでした。

このような素晴らしい方々と出会えたこと、そして「ハゲコン」という企画を開催してくれたBiDAN様、全てに感謝しております。

これからは日本一のハゲとして、ハゲ「でも」カッコいい!ではなく、ハゲ「は」カッコいい!ということを世界中に広めていきたいと思います!

この度は本当にありがとうございました!ハゲ会への参加もお待ちしてます!!

グランプリ を受賞されたべっちさんには、チャップアップでお馴染みのソーシャルテックさんはじめ協賛企業様からの豪華景品(約25万円分)がプレゼントされるそうです。

育毛剤を渡されても、本人は使わないような気さえしますが(笑)日々、薄毛で悩んでいる方は、ハゲていてもこんなカッコいい生き方も出来るんだって

このコンテストをきっかけに気付いてもらえたら最高ですね!

来年もし開催されたら本気でエントリーするか…。

準 グランプリ 受賞のはこもりまさのブさん

惜しくもグランプリは逃したものの大健闘したミュージシャンの「こもりまさのブ」さん。堂々の準グランプリ受賞です!

d36414-2-856582-5

笑顔とお優しい雰囲気が魅力のナイスハゲ!

・・・っていうか、1,2位共にミュージシャンですが、あまりの印象の違いにハゲの懐の深さを感じずにはいられません(笑)

1321-min

そんなこもりまさのブさんのハゲだからこそのモテエピソードが、

「朝、散歩中によく通りすがりのおばあちゃんにおがまれます!」

それは、ハゲもそうですが、こもりさんの人柄に寄るところが大きそうです!


このお二人以外にも、錚々たるメンツが揃った今回の日本一カッコいいハゲグランプリ。

どの方が勝っても本当におかしくない顔ぶれで男だけど、抱かれてもいい…とか思ってしまったほどです。

今後も是非継続して頂いて、べっちさんにはタイトルを死守して頂き、また他の方や新たな刺客にも期待したいところですね!

Share.

記事作成者

発毛君

コメントフォーム