このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛界の格闘技代理戦争!? リデン (REDEN)は小比類巻さんを擁して魔裟斗さんと対峙!スカルプトーナメントを勝ち上がれるか!? 後半

0

お待たせいたしました!

人気格闘家による育毛代理戦争後半戦、いよいよ突入いたします!

前回⇒育毛界の格闘技代理戦争!? リデン (REDEN)は小比類巻さんを擁して魔裟斗さんと対峙!スカルプトーナメントを勝ち上がれるか!?

2016年

前回の記事では、魔裟斗氏率いる「フィンジア」がポイントで優性となっておりましたが、はたしてリデンの大逆転勝利はあるのでしょうか! それでは4回戦からスタートです!

 

フィンジアと リデン のスカルプトーナメント戦④~価格・保証制度~

 

そもそも育毛剤は、「継続して使用することが最も重要」といっても過言ではありませんが、それを実現するためには、価格と保証制度がとても大切なポイントになってきます。

finjia_masato

そこでこれからは、育毛・発毛効果だけに着目せず、「継続のしやすさ」をフィンジアとリデンで比較してみました。

フィンジアの価格(税込)

finjia_kingaku

フィンジアは、1本50mlの容量で、約1ヶ月分となります。

 定期購入(送料無料・手数料無料)

毎月1本ずつコース:通常価格12,800円⇒9,980円

3ヶ月ごと3本セットコース:通常価格38,400円⇒26,900円

フィンジアの定期購入は、何回まで継続が必要というような定期縛りはなく、1回でも解約・休止したいときにすることができます。

しかし、1本あたり8,967円最安値で購入できる3本セットコースは、1回目に解約したとしても、3本単位での解約となってしまうので注意しておきましょう。

 3本まとめ買い(送料無料・手数料無料)

通常3本価格38,400円⇒34,800円

このように、フィンジアは単品で購入すると1本12,800円+送料640円となるため、決して安くありませんが、セット買いや定期コースからの購入であれば、その他の育毛剤に比べてもかなりお得に買うことができます。

フィンジアの保証制度

フィンジアは、商品を受け取ってから30日以内は全額返金保証がついてきます。

リデン

ただし、返金保証には、以下のようにいくつか条件があるのが特徴です。

・返品にかかる送料、梱包費用、振込み手数料は負担しなければならない
・3本セットでの購入は、1本だけ開封している場合のみ適用される
・定期コースは1本目のみ返品可能(2本目開封後は無効)
・返金保証を利用した場合は、今後再び購入することができない

 

リデンの価格(税込)

riden_kakaku

リデンは、1本90mlの容量で約1ヶ月分となり、フィンジアより量が多いのが特徴です。

 定期購入(送料無料・手数料無料)

毎月自動的に届くリデンの定期コースは、通常価格13,824円⇒10,584円と23%OFFの価格で購入できます。

また、4回目以降には、さらにお得な32%割引の9,612円で購入することができるので、続ければ続けるほどお得になるのも嬉しいポイントです。

しかし、リデンの定期コースは、最低3ヶ月の継続が条件となる定期縛りがあります。

 3本まとめ買い(送料無料・手数料無料)

通常3本価格41,472円⇒35,532円

このように、リデンは単品で購入すると1本13,824円+送料660円となるため、定期購入が一番人気の高い購入法となっています。

リデンの保証制度

riden_henkin

リデンは、永久返金保証制度があり、一見フィンジアよりも保証制度が整っているように見えますが、以下のように結構条件や手数料がかかるのが特徴です。

・返品にかかる送料、梱包費用、振込み手数料は負担しなければならない
・3本セットでの購入は、1本だけ開封している場合のみ適用される
・定期コースは1本目のみ返品可能(2本目開封後は無効)
・元の送料660円や代引き手数料420円は返金時に差し引かれる
・事務手数料1,000円がかかる
・商品代の10%が返金額から差し引かれる
・返金保証を利用した場合は、今後再び購入することができない

 

リデン

このように、リデンは他の返金保証制度の中でもトップクラスに条件が厳しく、期間は永久としてもかなり待遇が悪くなっています。

また、1ヶ月分で比較すると、フィンジアよりリデンの方が価格高く、保証制度もかなり欠点があるということから、スカルプトーナメント戦④は、フィンジアが勝利という結果になるでしょう。

フィンジアとリデンのスカルプトーナメント戦⑤~メリット・デメリット~

 

今のところアツい戦いを見せている「フィンジアvsリデン」のトーナメント戦ですが、これからはもっと分かりやすく両者を比較するために、それぞれのメリットとデメリットを解説していきたいと思います!

フィンジアのメリットとデメリット

brand

 メリット

フィンジアの最大のメリットは、カプサイシンがもつゲートアクセス理論によって、凝り固まった頭皮をほぐし、毛穴の奥まで有効成分を浸透させるというポイントです。

また、医薬部外品には該当しないものの、定期コースなどを利用することによって育毛剤の中ではかなり低価格で購入することができるのも、フィンジアの魅力のひとつです。

またその他にも、育毛剤のメリットとして、フィンジアは以下のことが挙げられます。

・ベタつかずにふった後もサラサラする
・育毛剤特有の匂いが気にならない
・1回5~10プッシュだけでいいので急いでいるときでも簡単
・狙ったところに直接届く ・副作用の報告がなし

 

 デメリット

フィンジアは、副作用がない分、効果が出るまでに数ヶ月かかるため、即効性が期待できないというデメリットがあります。

これは、他の育毛剤でも言えることですが、薬ではないため、すぐに効果が出るわけではありません。

しかし、フィンジアは他の育毛剤よりも有効成分の濃度が高いので、その分早く効果を実感できるというメリットもあり、そこまで大きなデメリットとはいえないのが事実です。

育毛剤を使用するにあたり一番大切なのは、生活習慣を正して発毛・育毛効果を引き出すことなので、不規則な生活はしないようにしておきましょう。

⇒フィンジア特集はこちら

 

リデンのメリット・デメリット

riden_top

 メリット

リデンのメリットは、何と言っても新成分が配合された新しい育毛剤だということで、今までに他の育毛剤で効果を実感できなかった方でも、試す価値があるというポイントです。

また、育毛剤には見えないオシャレなパッケージ仕様なのも、育毛剤を使うことに抵抗がある人、育毛剤を持ち歩いていると思われたくない人などには、メリットのひとつとなるでしょう。

そして、リデンはフィンジアと同じく、髪や頭皮に直接つけてもベタつきが気にならないので、ヘアセットの邪魔をする心配もありません。

 デメリット

フィンジアのデメリットでも説明しましたが、リデンの場合も短期間の使用であれば、効果が実感できにくいというデメリットがあります。

また、どちらも決して安いというわけではないため、コストが掛かってくるというデメリットがあります。

特に定期コースの場合は、フィンジアよりもリデンの方が若干ですがコストが増えてしまうので、どこを基準に選ぶのかは、使う人それぞれが考慮していかなければなりませんね。


このように、フィンジアとリデンのメリット・デメリットは、挙げていくと似たような内容のものばかりです。

同じ育毛剤というカテゴリーであるため、成分は違ってもメリット・デメリットは同じようなものばかりになりますが、これだけはしょうがない気がします(笑)

よって、スカルプトーナメント戦⑤は、引き分けです。

フィンジアとリデンのスカルプトーナメント戦はフィンジアが若干勝利!?

 

これまでさまざまな視点からフィンジアとリデンを比較してきましたが、それぞれの結果を考慮すると、フィンジアの方が若干勝っているポイントが多いようです。

masato

ただし、どのスカルプトーナメント戦でも、接戦だったのも事実なので、「リデンが悪い育毛剤だ」というような否定的なことではありません。

特に育毛剤の効果は、化粧品のように、その人の頭皮の状態、髪質、生活習慣などなど、たくさんのことが影響してきます。

なので、もしフィンジアとリデンで購入を迷われている方がいるのであれば、どちらの育毛アプローチ法(効果が出るまでのメカニズム)が自分に合っているのかを見分けて、そこから選ぶようにすることをおすすめします。

そうすることにより、自分が一番求めている効果を最も効率的に実感できるようになるでしょう。

リデンシル配合の育毛剤は他にもあるよ!

 

リデンのように以前から大変注目されている育毛成分”リデンシル配合”の有名な育毛剤としては、「バイタルウェーブ」や「DEEPER3D」等が挙げられます。

リデンはスプレータイプですが、バイタルウェーブとDEEPER3Dはスポイトタイプとなっております。

2seihin

最大のメリットとしてこのバイタルウェーブとDEEPER3Dには、リデンシルだけでなくキャピキシルも配合されておりますので、リデン以上の効果が期待できるかもしれません。

というのも、リデンシルの国内代理店のマツモト交商さんが正式にキャピキシルとリデンシルの相乗効果について発表しているからです。

「リデンシルが幹細胞に直接働きかけて育毛を促し、キャピキシルが成長に働きかけることで、シナジー効果が期待できる。」
—マツモト交商 田中氏

純粋にリデンシルのみの配合量であれば、リデンが最も多いと思いますが、バイタルウェーブとDEEPER3Dはそれだけでなくキャピキシル、成長因子などが 多く配合されておりますから、より接戦になると思われます!

バイタルウェーブとDEEPER3Dに関しては成分配合や製品自体が似ていることもあり、よく比較されているようですがこれは圧倒的にバイタルウェーブの方が良いです。

DEEPER3Dは成分を頭皮の奥に届けるための「バリアスルー」という製品を別途購入しないといけないので、一本当たりの価格が約18000円と育毛剤ではトップクラスに高いコストになってしまいます。

バイタルウェーブは最初から「C.I.P設計」といって成分をより奥に届ける事を追求した浸透ブースターが搭載されていますからこれ1本で完結です。

cip

バイタルウェーブは価格も、キャピキシル&リデンシル配合とは思えないほどに安いです。(最安の場合7980円!で購入できます。)

総評しますと、性能的にはどれも期待で甲乙つけ難いものですが、価格から鑑みると最も試しやすいのはバイタルウェーブだと言えるでしょう。

⇒バイタルウェーブ特集はこちら

まとめ

上記では、格闘技代理戦争に出演中の魔裟斗さんと小比類巻さんがタイアップしている人気育毛剤のフィンジアとリデン、そしてリデンと比較対象にあるバイタルウェーブ&DEEPER3Dについて詳しく解説してきました。

どれも同じ育毛剤ですが、比較によって、以下のことが言えるでしょう。

 フィンジア

固くなった頭皮の状態を改善し、長期的な目線で薄毛対策をしていきたい方

 リデン

リデンシル配合商品を試したい人、男女関係なく、薄毛の悩みを解消したい方

 バイタルウェーブ

コストを抑えて長期的に、リデンシルとキャピキシルの両方の効果を試したい方

また、これらの商品には、返金保証制度が少なからず30日間は付いてくるので、気になるものから順番に試していくというのもひとつの方法としてアリだと思います。

こんな感じで、今回の育毛界の格闘技代理戦争は、波乱の展開を見せてくれましたが、育毛剤とタイアップしている魔裟斗さんと小比類巻さんの今後の活躍も見逃せませんね!

⇒フィンジア公式ページはこちら

⇒リデン公式ページはこちら

⇒バイタルウェーブ公式ページはこちら

Share.

記事作成者

発毛君

コメントフォーム