このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラックリバース 開発!白髪を黒髪に再生させる新技術とは!?ネイチャーラボ社とルーカスマイヤー社が世界を変える。

0

育毛剤の成分でいま最も注目を集めている成分キャピキシル。

そのキャピキシルを開発したカナダの大手医薬品原料メーカー「ルーカスマイヤーコスメティック社」と「ネイチャーラボ社」が共同で、世界で初めて髪色のメラニン色素を細胞レベルで活性化させることで、日本人の白髪化した毛髪を自然に回復させ黒髪を取り戻す「 ブラックリバース 」成分の開発に成功したそうです!!

これは白髪染めとかそういう次元ではなく、白髪を自然に黒髪にするという成分なので全く新しい技術といってもいいと思います。

いったいどんな超技術を使って作られたのでしょうか?調べてみました!

毛髪の色と白髪になるメカニズム

ブラックリバース

そもそも誕生したての毛髪は無色(白色)と言われ、髪の毛の色を決めるのはメラニン色素になります。

メラニン色素には、ユーメラニンとフェオメラニンの2種類があり、そのメラニンの量のバランスによって、黒髪やブラウン、ブロンド色など多様な種類の髪色になることがわかっています。

髪色にとって、メラニン色素の存在が重要となってきます。

白髪の原因は、このメラニン色素がほぼない状態と言われ、メラニン色素をつくるメラノサイト自体の減少や機能不全によるメラニン産生の減少によって起こる理由と、毛球に対して酸化ストレスが増加し、色素幹細胞の減少やカタラーゼ発現と活性を減少させることによって、メラニン色素を損失させてしまうことがわかっています。

つまり、メラニン色素を上手に生産することさえできれば何歳でも黒く若々しい髪の毛を保つことが可能だということですね。

メラニン色素を回復させ、白髪を黒髪に戻す世界初の成分 ブラックリバース

今回開発された「 ブラックリバース 」は、特殊なペプチドを中心とした成分で、メラノサイトを活性化させることによってメラニン形成を増加させることと、毛球におけるカタラーゼの発現と活性によって酸化ストレスを減少させ、本来自分自身が持っている毛髪のメラニン色素を取り戻すことに着目し、研究開発を行ってきたそうです。

メラニン

ブラックリバースはネイチャーラボ社の研究開発部門「セルラボ」とルーカスマイヤーコスメティックス社が共同で、2011年から7年の歳月をかけて研究開発したものとなります。

化粧品のトップメーカー2社が7年もの歳月をかけ研究・開発に当たってきたというのが、凄い成分だということを物語っているような気がしますよね。

加齢やストレスによってメラニン色素の減少によって白髪になってしまった状態を、人間が本来持つメラニンを再活性化させ、自然な自分の髪色に回復させることができる世界初の成分「ブラックリバース」。

商品化はこれからだという事ですが、白髪染め要らずの生活はすぐそこまで来ているのかもしれません!

開発メーカーについて

 

株式会社ネイチャーラボ

1997年に設立し、製造・流通・販促が一体となったマーケティング・スキームによって、80ブランド1,000アイテムを手掛けています。

naturelab

主なカテゴリーは、ヘアケア、ファブリックケア、スキンケア、オーラルケア、ヘルスケア、メンズケア、そしてダイエットです。

特にヘアケアカテゴリーについてはこのカテゴリーのリーディングカンパニーとして、主力商品であるモイストダイアン、マーロ、ベルーガをはじめとする高品質かつ高価値な商品を次々と市場に送り出しています。

nature

宮崎あおいさんやキスマイの玉森裕太さんなどのタイアップCMでもすっかりお馴染みのコスメブランドですね♪

 

ルーカスマイヤーコスメティックス社

1991年にカナダで創業され、世界56か国に拠点を持っている医薬品原料を主に開発を行うメーカー。

制癌剤の開発をするために血管新生阻害剤に着目し、化粧品産業にも参入。 その後、海洋生物・植物由来の有効成分、ペプチドに加え、レシチンを主とした製剤など、分子・細胞生物学を専門とした新たな機能性基材にも注力をしており、新規の機能性原料(医薬品・化粧品)などを積極的に開発しています。

lucas_cover-702x336

我々ハゲメン的にはなんといってもキャピキシルが有名ですよね。キャピキシルは現在市場で人気のある多くの育毛剤に配合されていてあのミノキシジルの3倍の毛包成長のシグナルを示したという凄い成分です。

Share.

記事作成者

発毛君

コメントフォーム