このエントリーをはてなブックマークに追加

板羽先生 へ突撃取材を敢行!!TVでお馴染みの大先生に聞く抜け毛と育毛の本当の話【連載一回目】

0

髪の毛にまつわるテレビ番組では必ずと言っていいほど出演されているアフロヘアで白衣の先生。 皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

板羽忠徳先生は、毛髪のスペシャリストとして50年以上自らのサロンや各メディア・講演などを通じてその手腕を振るってきました。 他にも全理連名誉講師や中央理容美容専門学校講師など、数々の肩書をお持ちです。

今回はバイタルウェーブという育毛剤を通じて、なんとその 板羽先生 のサロン「MINATO3710 美髪倶楽部」への取材をすることが出来ました!

_MG_8763

流石に数十年テレビなどでお話をされているだけあり、お話が本当にわかりやすく、ぐいぐい引き込まれてしまいました。 育毛剤ってこんな使い方するんだ!というような新事実や知られざる業界の裏側、果ては毛髪診断の極意などを、余すところなく語って頂きましたので 是非一度お読みください!

超過密スケジュールにも関わららず、お時間を頂き本当にありがとうございます。 また今回のインタビューを仲介してくださったセラピュアさんにも感謝いたします!

色々とお話を頂きましたので、記事が大変長くなってしまいました。
今回は【第一回目】といたしまして、 板羽先生 が毛髪診断を行うようになった経緯とその診断方法を掲載いたします。

1.板羽先生 はなぜ毛髪診断を行うようになったのか

_MG_8683

____初めまして、本日はどうぞよろしくお願いいたします!早速ですが、どのような経緯でこの業界に入られたのでしょうか?

私は20の時から美容師として働いております。いま70歳を超えますので、キャリアとしては50年を超えます。(一同驚)

それだけ長い間多くの人の髪を間近で見てきたということが、毛髪診断の礎になったといっても差し支えないでしょう。

駆け出しのころは理容師として勤めておりましたが、後に美容の免許も取得しましたので両方の免許を持っております。

もともと、高校の時に全国模試で生物1位になる位、科学分野には興味がありました。 そのため学生の頃は医者になろうと思い日々勉強していたのですが、当時寄付金の問題やら何やらが起こってしまいましたので結局、医者にはなりませんでした。

医者の夢は私の息子が引き継いでくれて、今実際に医者として活躍しております。

医者の勉強をする傍ら、通っていたのが理容学校です。 そこで、出会った先生が当時まだあまり研究されていなかった皮膚科学や毛髪科学に大変造詣の深い方で、私も非常に感銘を受けました。

今になってみるとその出会いが、私の今後の理容人生に決定的な影響を及ぼしていたのかもしれません。

____毛髪診断や頭皮診断はなぜ行うようになったのですか?

_MG_8039

コンピューターが世に普及したての頃ゲーム等を制作しつつ、毛髪に関するデータなどをまとめるために研究をしていました。

そこでわかったことは、「毛髪」に関する色々なところで発表されている書籍や情報は、嘘が非常に多いという事です。これは今でもそうですが。 CMに出ている毛髪に関してのものやネットに出回っている情報など誇張や嘘が散見されます。

そんなこともあり、最初にコンピューターを利用して毛髪の変化を見て行くというものを始めました。

ヘアスタイルや髭(ヒゲ)の問題も含めて、どういう人がどういうハゲになりやすいのかをコンピューターを使用してチャートを作ったんです。 これはコンピューターでハゲになる確率というものを出すプログラムで、貴方の髪は将来どうなるのかなどが一目でわかるようなシステムです。

_MG_8106

このプログラムには、統計によってどういう人がハゲになりやすいのか等の膨大なデータを入れておりました。それを様々なメディアやマスコミが取り上げて下さったんです。はっきり言えば、コンピューターを使っての毛髪診断が珍しい時代だったんですね。

例えば、ニュース番組等で活躍されているアナウンサー○○さん等は、その当時から、完全にハゲるというデータが出ていました。 その方は今実際にカツラを使っていますよね。

他に当時同じようなことをやっていたところというと、高須クリニックの高須氏位でしょうか。 彼は美容整形に関するプログラムなどを自分で作ってやっていましたね。

後になって、皆さんご存知の大手カツラメーカー数社も似たようなシステムを作ってきました。 言い方は悪いですが、診断結果を見せて「貴方はハゲますよ」と言って、自社製品に結びつけるためのツールとして使っていたようです。

もちろんどういう人がハゲやすいのかという事自体は昔から研究されております。 それをより具体的にアドバイスするためには何をするべきかというところから、こういったシステムの開発が始まりました。

この技術はアメリカなどにも広がりを見せています。


そのころに毛髪に関しての本も依頼されて書いています。

コンピューターのプログラムを書くために膨大なデータを持っておりましたから それらを関連付けて色んな雑誌で執筆していったのがきっかけで一般層にも知られるようになったのです。

____サロンでの毛髪診断も受けられるようになったという事ですね。

このサロンでの毛髪診断はもともと行っておりました。

メディアに注目されて以降、質問が頻繁に来るようになり診断申込みも激増したのは確かですが。

質問は、そうですね。毎日最低でも10件以上は来るでしょうか。

例えば、さっき来た質問は
「性的な放出をすることによってハゲることはありますか?」という質問です。

ハッキリ言えば自慰行為をしてハゲるのかということです。こういう質問ってなかなか人に相談しづらいじゃないですか。

この方は、うちの髪様シャンプー(美髪倶楽部のオリジナルシャンプー)を使用して、新生毛を引き抜かないような洗い方をしっかりしているんだけど どのような影響があるのか気になっているようですね。

一回射精するごとに7mgの亜鉛が体内から失われます。自慰行為によって亜鉛が不足すると髪には悪影響があるのは明らかですが、それだけでなく 銅の不足も問題になってきます。そのため、そのバランスなどを考えていかなくてはなりません。

その比率をきちんと伝える予定ですが、おそらくまた直ぐに次の質問が帰ってくるでしょう。

これらは、ほとんどがパーソナルな質問なので、人によって回答も全く異なってきます。 しっかり調べるためにはやっぱり見てあげないと分からない部分もあるので、そういう方には実際に来てもらいます。

____直接に来てもらい実際にカウンセリングを受けるという事ですね。

はい。来てもらう事によって、実際に頭皮がどういう状態なのか、毛髪がどうなっているのかという事を把握します。

髪を郵送して頂いて診断するというサービスも行っておりますが、やはり直接お店に来ていただくのが確実だと思います。 毛髪だけでもある程度は分かりますが、頭皮の状態も知らなくてはなりませんからね。もし送っていただくときは、最低20本は必要です。

実際の方法としては最初にカウンセリングシートも記入してもらいます。(遺伝の他に食事の内容・睡眠等のチェック・精神面・健康面) 間違った手入れをしていないかという部分も重要になります。

これらが不十分であればあるほど、後々薄毛になる確率の数値は上がっていきます。

加えて、実際に頭皮の硬さであるとか、頭皮面の温度がどのような状態にあるのか、どのように変化しているのかも調べます。

_MG_8441

毛髪は実際にマイクロスコープを使用し毛根の状態や、ヘアキャストの有無などを見ていきます。 (ヘアキャスト:髪にまとわりつく皮脂やシャンプーの残りなどのごみのこと。)

すべて入力してようやく数値が割り出されるのです。

_MG_8566

これらをすべて鑑みた上で適切な処置をしていかないとなりません。 その人、その人によってあった対策を取らないと決して改善することはないのです。

頭皮が固い人には血流の改善を促すような治療を行う。 男性ホルモンが強い人には女性ホルモンを体の中から促すような、ホルモンバランスを取るようなツボの刺激をしなくてはなりません。

ただ育毛剤を使ったからそれで生えてくるのかというとそういうわけではないのです。

____深いですね…。育毛剤もただ使えばいいというものではないのですね。

_MG_8232

最近はキュレーションメディア等で、扇動的な書き方をするサイトなどが問題になっておりますが 育毛で大切なのはその人その人に合った対処方です。簡単な言い方をすれば「2人として同じ人はいない」ということです。

食べ物でもこういった分析をしなければ、これが髪に良いという言い方は本来できないはずなのです。 例えば、セレンやヨウ素が足りない人の場合は免疫力が非常に低下している。ナトリウム・カリウムとカルシウムの比率なども含めて考えて行かなければならない。

これらはストレスなどでも変化してきますので、これらをしっかりとみたうえでの対処が必要になるのですね。

色んな要素が複合的に絡まって結果薄毛になりますが、その要因は人によって異なるという事です。

雑菌テストをしてみると雑菌が非常に多い方もおります。その場合は雑菌を減らすような対処をする必要があります。

薄くなる原因は遺伝が大きく関係するのは事実ですが、それ以外にもこれらの原因や間違ったヘアケアという要素も多分に関係してくるのです。

育毛剤で髪を蘇らえらせたいと考えても、一つの育毛剤だけで髪が生えてくるのかというと必ずしもそうではありません。

そこに、食事の内容や手入れの仕方などが関係してくるのです。 もっとも、今の業界、育毛剤もステマのような売り方をしている所もあるので注意が必要ですが(笑)

育毛剤はもちろん役に立つものですが、それと同時に、自分が体内に持っているたんぱく質を出やすくしてあげたりすることも大切です。


編集後記

私はこのお話を聞いていて非常に納得できました。

どんなことにしても千差万別、千姿万態です。確実に全ての人に当てはまる薬や療法は存在しないし、それは育毛剤や食事にしても同じこと。 もちろん、効果の出やすさの多寡はあるでしょうけれども。

自分に合った育毛剤を是非見つけたいですね。

さて、次回は「みんなに共通している間違った知識」を中心に続きを聞いていきたいと思います!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

板羽先生へのお問い合わせはこちら

MINATO 3710

 

杉並区久我山2-11-10

久我山駅より南へ徒歩4分

 

クリニカルエステサロン(毛髪診断室):03-3247-3710

ファッションヘアサロン:03-3331-0038

 

平日9:30~18:00

土日祝日9:00~18:00(要予約)

定休日:毎週月曜・第1・3火曜日

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-6
キャピキシルの他、注目の最新成分「リデンシル」と高い効果が見込める成長因子「EGF」を配合した唯一の育毛剤。
さらに独自の浸透技術「C.I.P設計」は浸透のみだけでなく、成分を長く留まらせることも可能にしており、非常に考えられた育毛剤と言えます。
Share.

記事作成者

発毛君

コメントフォーム