このエントリーをはてなブックマークに追加

米サンフォード・バーナム医学研究所ハゲを救う研究を発表!来たか!

0

こんばんはささやんです。

自宅でBELTA育毛剤のニュース見てたらこんなニュースもあったので載せておきます。

米サンフォード・バーナム医学研究所は27日(現地時間)、ヒトの多能性幹細胞を使って新しい毛髪を生やすことに成功したと発表した。

 これまでの同様の研究では、頭部の毛髪卵胞を移植する形だったが、今回の成果はヒトの多能性幹細胞を用いて、ヒトの毛髪を生やすことができる新しい細胞を生成できた点にある。

 成人の場合、皮膚乳頭細胞は体外では増長できず、育毛機能をすぐに失ってしまう。しかし、この手法を用いた実験では、マウスに移植したヒトの多能性幹細胞を皮膚乳頭細胞へと分化させ、人毛を誘発できた。

 今後は人体での臨床実験を行なっていく予定。米国では4千万人以上の男性と2,100万人以上の女性が抜け毛に悩んでおり、今回の研究がその打開策になるものと期待されるとしている。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/20150128_685671.html

すごいですね。去年はSTAP細胞などでぬか喜びしましたが科学はささやんが自宅で飲んだくれている間にも進歩しているんですね。(でもささやんは個人的に小保方さんを諦めていません。原因は居酒屋で聞いた製薬業界の方が言っていた「あの人はハメられた」)

世界の学者さんありがとうございます。

ちなみに研究成果の発毛結果がこちら

 

 

 

sanfo-do

 

 

 

 

思ってたのと違う・・・・

でもまあ最初はこんなもんでしょ。

でもせめて十年以内には気軽にこの技術が実用化されて使えるといいですね。

 

Share.

記事作成者

ささやん

自由を愛するダメ人間 アラサー(汗

コメントフォーム