このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のおじさんたちが、「 アデランス 」をかぶらなくなったワケ【上場廃止】

0

18日付のITmedia ビジネスオンラインに非常に興味深い記事が掲載されました。

10月14日、 アデランス がMBOを実施すると発表した。 投資ファンド・インテグラルが子会社を通じてTOBを行い株式を取得、 同社の支援を受けながら経営再建を目指すということで、近く上場廃止になるという。

 この背景には業績低迷が長引いていることがあるというが、ではいったいアデランスに 何が起きているのか。今年4月の2016年2月期決算発表で津村佳宏専務がおっしゃった 言葉がすべてを物語っているので、引用させていただこう。

 「これまでの高価格帯のかつらを売るビジネスが崩れ始めた」(日経産業新聞 2016年5月16日)

 

日本のおじさんたちが、「アデランス」をかぶらなくなったワケ(ITmedia ビジネスオンライン)

アデランス

発毛ライフ読者のハゲの皆様(失礼)ならご存知だとは思いますが、カツラって思った以上にコストがかかる上に 定期メンテナンスなど、良い状態をキープするのが結構大変なんですよね。

アデランス等の高級かつらブランドのカツラをオーダーすると、40万~50万はゆうにかかると言われています。 そのお金をなんとか用立てれば新しい人生を迎えられるというものでもなく、そこから延々と維持管理費を払い続けなくてはいけない人生が待っているのです。

更に、ハゲの方が突然フサフサ(カツラを装着)になって会社に行った日には、悲しいかな女子社員の間で陰口を叩かれること必至。
こうならなぬように、段階的なカツラを必要とする方も出てくるんだとか。

カツラは作った時からが本当の戦いだとはよく聞きますが、本当にそうなのだなと思わされずにはいられませんね。。

「頭に高級車をのっけて生きている」 アデランス 使用者の嘆き

ただ、カツラ自体が衰退しているかというと必ずしも、そういうわけではないようです。

新興格安かつらメーカーWith(ウィズ)などは、オーダーメイドの全頭かつらは16万8000円、部分かつらは14万8000円。修理・補修費用も2万5000円~5万円と料金表を公表し人気を博しています。

また、自毛を利用した取れないカツラを発表したSWENSON(スヴェンソン)も 安心の定額制というキャッチフレーズで月額9400円からという、格安プランを用意が好調です。

アデランス使用者からも、「かつらのために働いているみたい」「頭に高級車をのっけて生きている」などという非常に自虐的な言葉が、漏れ伝わるほど維持費が高いそうなので、格安で品質も悪くないものがあれば、そちらに流れるのも当然だと言えば当然ですね。

さらにITmedia ビジネスオンラインは続けます。

アデランス

 ただ、アデランスの「高いかつらを売るビジネス」が崩れ始めた理由はこれだけではなく、 日本人の「かつら」に対する認識が変わってきていることも大きい。よく言われることだが、日本ほど「ハゲ」に対して不寛容な社会はない。それを象徴するのが、 1984年に日本進出を果たした大手かつらメーカー、スヴェンソンのローランド・メリンガー社長(当時)の言葉だ。

 「日本に来て初めてわかったが、日本人は髪が薄くなると真剣に悩む。 ヨーロッパなら全く髪がない人でも街中をかっ歩している。一方、日本人は抜け始めの時点で考え込み、 品質のよいかつらを探し歩く」(日経産業新聞 1986年4月15日)


「ハゲを隠した男は幸せになる」というプロパガンダ

アデランスは今から30年以上前に、ゴールデンタイムを利用したファミリー向けで斬新なCMを打ちだし、大ブームになったそうです。

「パパ、アデランスにしてよかったね」

という娘を利用した巧みなCMはあたり、「ハゲ=恥」という風潮を更に進化させ、「ハゲを隠した男は幸せになる」というイメージを訴求しました。当時業界最大手だった「アートネイチャー」に一気に追いつくや、一気に突き放し業界トップへ。

アデランス の黄金時代が始まります。

しかし、このプロパガンダは1990年代になると、その効果が次第に薄れていく。竹中直人さん、西村雅彦さんなど「ハゲ」を隠すでもなく、むしろ個性とするような有名人が次々と現われ始めたのだ。海外でも、ジャン・レノ、ブルース・ウィリス、ショーン・コネリーという「海外セレブハゲ」も次々と注目を集めるのだ。

2000年代に入ると、この動きはさらに加速していく。経済界では、「髪の毛が後退しているのではない、私が前進しているのである」「ハゲは、病気ではなく、男の主張である」などの名言で知られる孫正義さんや、スティーブ・ジョブズが「成功者」としてスポットライトが当たると、「堂々として自信に満ちた潔いハゲ」は「恥」どころかカッコイイという評価もされるようになったのだ。これが「かつら」業界に与えた打撃は大きい。

 

確かに今の若い子たちは、カツラは、ネタにしかされないという印象を持っているようです。

アデランス

朝の情報番組『とくダネ!』の小倉智昭さんも、ズラがとれるという嘘動画が話題となり通称『オヅラさん』と呼ばれるくらいに風評被害を受けています。
更には、実際にボクシングの試合中に選手のカツラがとれてしまうというハプニングも起こってしまったそうです。

だからと言って、ハゲが認められる世の中になったのでは決してありません。トレンディ―エンジェル等の薄毛をネタにしたお笑いコンビが人気を博しておりますがあくまでもテレビの世界での出来事。

著名人や俳優のハゲの発言が肯定されるのも、本人が成功を収めているからにほかなりません。 もし、一握のサラリーマンがそんなことを言っても、鼻で笑われて終わりかもしれません。。

ちなみにネット上では様々な意見がありました。


” アデランス の逆襲に期待したい。結局ハゲ否定かよ…”

“今までぼったくり価格だったんじゃないかね?”

“値段が高いのにズラバレバレ”

“俺も脳天薄いけど、気にしてないよ。他人は自分が思うほど、気にしてない。”

“海外セレブハゲって…。”


世の中はまだまだ、ハゲに厳しいと言わざるを得ないでしょう。 事実、 アデランス が売り上げ低迷しているとはいえ、他のカツラメーカーは好調ですし、メディカルSMPをはじめ、薄毛治療法は次々に確立されています。

アデランス自身もこの薄毛治療大航海時代で生き残るために新たな道を画策していかなければならないといったところでしょうか。

Share.

記事作成者

発毛君

コメントフォーム