このエントリーをはてなブックマークに追加

キャピキシル(Capixyl)徹底解剖!育毛剤ランキング・歴史・メーカー突撃取材から真実を読み解く

0

今大注目の「キャピキシル」という育毛成分をご存知ですか?

ミノキシジルやフィナステリドのような副作用の心配がなく、その効果はミノキシジルの3倍もある(※1)と言われています。副作用の心配がないので女性が使えるという点も良いですね。

それでは具体的にどういった成分なのかご説明していきましょう!

※1 LUCAS MAYER COSMETICS社による検証データに基づく


キャピキシル 基礎編 ~これだけは知るべきキャピキシル~

最近、「キャピキシル」っていう育毛キーワードを良く聞くんだけどいったいどんな成分なんだろう?誰か詳しく教えてくれないかなぁ。

capixyl-student

私にお任せください!
キャピキシルとはカナダの化粧品会社
ルーカスマイヤーコスメティックス社(Lucas Meyer Cosmetics)が開発した
画期的な育毛成分です。
具体的には、薄毛の原因といわれる酵素
「5αリダクターゼ」を阻害し、さらに毛乳頭のまわりに存在する毛母細胞を活性化させる働きがあると言われています。
髪の毛というのは毛母細胞が細胞分裂して成長していきますので、キャピキシルは発毛促進と脱毛防止を兼ねた成分なんです。

capixyl-teacher

ひとつの成分で二役の効果ってことですか?
どうしてそんなことが可能なんですか?
医薬品なんですか?

capixyl-student

キャピキシルは天然成分由来ということで
《天然のエキスをそのまま使用している》と思っている方が結構いらっしゃいますが、別の成分と混ぜ合わせさらに配合量なども厳密に定めたプレミックスの成分です。
医薬品ではありませんが、素材の効果を人為的に最大限まで引き出すという意味では天然より医薬品に近いかもしれませんね。
また配合されている主な成分ですが、
「アカツメクサ」と呼ばれる植物のエキスと、4種のアミノ酸で構成される
「アセチルテトラペプチド-3」から成り立っています。
アカツメクサ、別名:レッドクローバーにはイソフラボンが豊富に含まれていて、
その中のひとつ 「ビオカニンA」と呼ばれるイソフラボンが脱毛原因「5αリダクターゼ」をブロックしてくれます。
「アセチルテトラペプチド」の方はとにかく強力な修復作用を持っており、頭皮環境を整え結果的に発毛促進につながる細胞に元気を与える手助けをしてくれます。

capixyl-teacher

なんか、とにかく優秀なんですね…!
脱毛を防ぐには有名なプロペシアの成分
「フィナステリド」とか、発毛させるにはリアップの成分「ミノキシジル」とかってイメージだけど…
さすがにそこまで期待してないけど…効果とかってどうなんでしょうか?

効果に関しては医薬品ではありませんので「個人差がある」としかいえません。
ですが、開発元のルーカスマイヤーは
「ミノキシジル」と比較した臨床実験なんてのも行っており、結果はご存じの通りすごいことになっています。

勉強不足ですいません。
どうなったんですか?

ふふふ。
こちらです↓

どっしぇー!!!???
ミノキシジルの三倍の効果っですか!!??
ということは副作用ももれなく三倍界王拳ですか…?

いえ…
それが、ほぼないんです。
開発されてから間もない成分ですので厳密には「今のところはない」といったほうが正確ですが、臨床実験の段階でも副作用らしき反応は見受けられず、育毛剤に配合されてから一年以上たちますが、そういった報告もないようです。

プロペシアやミノキシジルだと、とにかく副作用が一番心配でしたが、これは期待できそうですね!

とにかくすごいのは分かりましたが
その…
なんでそんなにすごいのに医薬品になっていないのか疑問です!

副作用の次に多い疑問がまさにこれですね。
キャピキシルを配合する場合、
区分は「化粧品」となります。
そもそも育毛剤のほとんどが医薬部外品で、なぜここまでのデータがあるにも関わらず化粧品なのかという疑問がさらに膨らみますよね。

ここから少しややこしい話です。
次の章へお急ぎの方は こちらからどうぞ

おそらく一般的なイメージだと
効果の度合いが
「医薬品>医薬部外品>化粧品」
という風になっていると思います。

厚労省のほうでも医薬品は効果を明記してもよい(効く、効果的etc)が医薬部外品はダメ!ということを明示していますので
「医薬品>医薬部外品」という図式になるのはなんとなく分かりますが、
「医薬部外品>化粧品」に関しては非常に曖昧なところなんです。医薬部外品には国から認められた「有効成分」が入っているから化粧品より効果的という意見もありますが、その有効成分自体も
「人体に対する緩やかな改善作用が期待できる」
といったものでこれまた非常に曖昧な表現と言わざるを得ません。

一方化粧品はどうなのかと言うと
「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。」という表現になっています。

前者の「人体に対する緩やかな改善作用が期待できる」と
後者の「人体に対する作用が緩和なもの」、ほぼ同じ表現ですよね。

ではキャピキシルがなぜ化粧品区分かということをまとめると、
まず成分自体は現時点では医薬品指定されていないから医薬品ではありません。
さらに医薬部外品ではない理由として、医薬部外品として申請すると配合量に制限がかかってしまうというデメリットがあります。
それならメーカーの判断で配合成分と配合量を決めることができる化粧品区分がキャピキシルには一番合っているということで化粧品区分になっています。
現状、成長因子(グロースファクター)と呼ばれる成分が入っている育毛剤は全て化粧品区分となります。
効果的なイメージが付くか、それとも使う方に喜んでもらえることを優先するか、化粧品にもそれなりの意味があるということが分かっていただけましたか?

なるほど…
医薬品じゃないのは成分が医薬品指定されていないからですか。
しかし化粧品区分だからといって医薬部外品の有効成分に劣るのかと思っていたんですが、そういうわけでもなさそうですね。
消費者を大切にする成分ってだけで魅力的すぎる!
正直キャピキシルが配合されている育毛剤ならどれでも良さそうに思えてきましたが…

いえいえ、
ひとくちに「キャピキシル配合育毛剤」といっても、それ以外の成分や使用者がなにを求めるのかで効果や評価が全く異なってきます。

まだ商品の種類はそれほどありませんが、最低でも数カ月は使用することになりますので、よ~く吟味しましょう。

ということで続いてはキャピキシル配合の育毛剤を実際に比べてみましょうか!

まとめ

キャピキシル ランク編 ~人気製品をあらゆる角度から徹底検証~

位  FINJIA(フィンジア)

capixyl finjia

値段・容量

50ml/12,800円(税込)

1mlあたり

269円

おすすめポイント

カプサイシンを使用した独自のゲートアクセス理論により有効成分を毛穴の奥にまで浸透させることが可能となりました。
キャピキシルの他にミノキシジルに化学式が酷似したピディオキシジル(2%配合)や、センブリなど最新の育毛成分が配合されています。

関連記事


割引価格

定期購入の場合、一本あたり9,980円と10,000円以下で購入出来ます。1mlあたりに換算すると200円を割ってきます。また定期でも合わなければ一回目から解約することができます。

ここがイマイチ

特に見当たりません。

評価グラフ

フィンジアをもっと詳しく見る!

位  バイタルウェーブ

capixyl vital-wave

値段・容量

60ml/11,880円(税込)

1mlあたり

198円

おすすめポイント

キャピキシルの他、注目の最新成分「リデンシル」と高い効果が見込める成長因子「EGF」を配合した唯一の育毛剤。さらに独自の浸透技術で、成分を頭皮の奥に届けてしっかりと働かせます。

関連記事


割引価格

定期購入の場合一本あたり8,200円です。3回目以降は8,080円、7回目以降は7,980円と段階的に安くなり、商品が合う方にとってはコスパがとても良い商品と言えます。フィンジア同様に、定期でも合わなければ一回目から解約することができます。

ここがイマイチ

特にありません。

評価グラフ

バイタルウェーブをもっと詳しく見る!

位  ボストンスカルプエッセンス

capixyl boston-scalp

値段・容量

60ml/15,984円(税込)

1mlあたり

266円

おすすめポイント

業界初のキャピキシル×ピディオキシジル(1.5%配合)のWパワー育毛剤。
その他、ノーベル賞受賞成分でもある「フラーレン」やプロキャピル(ビオチノイルトリペプチド)など育毛に効果の期待できる成分が多く配合されています。

関連記事


割引価格

定期購入の場合、一本あたり8,928円とこちらもフィンジアと同じく10,000円以下で購入することができます。

ここがイマイチ

定期購入は最低3か月継続しなければなりません。

評価グラフ

ボストンスカルプエッセンスをもっと詳しく見る!

位  スカルプ5.0C

capixyl scalp5.0

値段・容量

80ml/15,540円(税込)

1mlあたり

194円

おすすめポイント

キャピキシルの他、発酵プラセンタエキスやオクタペプチド等のGF(成長因子)をはじめとする41類の成分配合。(但しピディオキシジルは無配合。)サラサラ無香料で付け心地快適です。

関連記事


割引価格

定期購入の場合、一本あたり10,000円です。

ここがイマイチ

定期購入は最低2か月継続しなければなりません。

ピディオキシジルは配合されていません。

評価グラフ

スカルプ5.0Cをもっと詳しく見る!

位  Deeper 3D

capixyl deeper3d

値段・容量

60ml/13,860円(税込)

1mlあたり

231円

おすすめポイント

国内の育毛業界で初めてキャピキシルを配合した製品。
KGF(毛母細胞成長因子)やIGF(インスリン様成長因子)などさまざまな成長因子で髪を効率的に育毛します。

関連記事


割引価格

定期購入はなく、3本まとめ買いで一本あたり12,400円になります。

ここがイマイチ

キャピキシルのパイオニアと言える製品ですが現在では成分面・価格面とも上位2製品に劣っている印象。

評価グラフ

Deeper 3Dをもっと詳しく見る!

位  ボントレスローション

capixyl bontress

値段・容量

60ml/5,593円(税込)

1mlあたり

93円

おすすめポイント

キャピキシル製品でこの値段は確かに魅力的ですが、アフターケア等ほとんど期待できないので注意が必要です。キャピキシル以外に特に優れた成分が配合されているわけでもないので、特別な理由がない場合は上記4製品から選ばれる事をお勧めいたします。


割引価格

定期購入はありません。

ここがイマイチ

もし購入する際は信頼できる輸入代行業者を選びましょう。

評価グラフ

ボントレスローションをもっと詳しく見る!


キャピキシル 歴史編 ~キャピキシルが誕生した秘話を大公開~

キャピキシルはルーカスマイヤーの前身である「ユニペックスイノベーション/Unipex INNOVATIONS Inc.」時代に開発された成分です。

このユニペックスイノベーションですが、2008年にルーカスマイヤーの化粧品部門とベルギーに本社を構えるユニペックスグループが統合したもので、おそらくキャピキシルの研究に関してはユニペックスグループの研究が元になっているかと思います。
というのも、ユニペックスグループから2009年に発信されたプレスリリースには、子会社であるフランスの研究所「IEB」によって「革新的なバイオペプチド」が既に開発され大手化粧品会社が生産していると書かれていますので、キャピキシルの成分でもある「アセチルテトラペプチド-3」の研究にはなんらかの繋がりがあることが予想できます。

キャピキシルが一般に登場したのは2011年3月、イタリアはミラノで行われた世界最大の化粧品の祭典「インコスメティックス」。

この祭典の会期中に発表されるイノベーションゾーンベストアワードにて見事銅賞に輝き業界を震撼させました(受賞された場所はタイ)。この黄緑のマークはキャピキシルが3%以上配合されている製品のみ付与されるエンブレムらしいのですが、現状ほとんどの製品が5%配合されておりますのでマークの掲載はメーカーの判断になっています。

受賞の翌年、グループ内の化粧品原料会社を統合し「ルーカスマイヤーコスメティックス/Lucas Meyer Cosmetics」という社名に変わりました(ここでようやく)。

社名を変えても勢いは衰えず、2015年に開催されたインコスメティックスのイノベーションゾーンベストアワードでは有効成分部門と機能性原料の両部門で金賞を獲得しています。このことからも同社の新製品に対するあくなき追求の精神が容易に読み取れるかと思います。

そして2014年上半期、ようやく日本国内でもキャピキシル配合製品が販売されます。 その数はまだ限られていますが確実にキャピキシルの凄さが浸透してきているのを感じます。 ルーカスマイヤーが今後も育毛業界を沸かしてくれることに、おおいに 期待したいところです。


1991年:Ӕterna Laboratories Inc.がカナダで創業。

1999年:同社化粧品部門が分社化してAtrium Biotechnologies Inc.を設立。

2008年:Unipex グループ会社と統合し、社名をUnipex INNOVATIONS Inc.に変更。

2011年3月:キャピキシルがイタリアミラノで行われた世界最大の化粧品の祭典 「インコスメティックス」に出展される。

2011年11月:インコスメティックスの「イノベーションゾーンベストアワード・銅賞」に輝き、タイのバンコクにて受賞される。

2012年:Unipex グループ内の化粧品原料会社を統合し、社名をルーカスマイヤー(Lucas Meyer Cosmetics)に変更。

2014年3月:日本国内でキャピキシル配合化粧品「Deeper3D」が株式会社アルファウェイから発売。

2014年7月:株式会社美彩から「Scalp5.0C」が発売される。

2015年4月:株式会社エスロッソから「ボストンスカルプエッセンス」が発売される。

2015年7月:株式会社ユーピーエスから 「フィンジア」 が発売される。

2016年3月:株式会社セラピュアから 「バイタルウェーブ」 が発売される。

 


キャピキシル 上級編 ~本邦初!ルーカスマイヤーに突撃取材!~

発毛ライフでついに論文の翻訳が出ましたね!
これはとても分かりやすいので皆さんも是非参考にしてみてください。
⇒翻訳全文はこちら

早速見ました!
でも…
情報量があまりにも多くてなにがなにやら。

分かりました。
それでは少し掻い摘んで説明していきましょう!
まずはとにかく抜け毛をとめることが先決ですのでこちらから見てみましょう。

5α還元酵素(リダクターゼ)の1型と2型!?
最近話題の ザガーロ と同じじゃないですか!

そうなんです。
キャピキシルで一躍有名になった
「アカツメクサ」という植物から抽出することが出来る「ビオカニンA」という成分には、
5αリダクターゼを阻害する効果が期待できます。
わずか数時間の実験で93%阻害したという驚異的な結果がでています。

残り7%だから抜け毛の原因はほとんど残されていない…
物凄い数字ですね。

まだまだ始まったばかりですよ!
脱毛防止の次は、発毛しなくては増毛しません。
そこでこちらです。

キャピキシルの構成成分である
「アセチルテトラペプチド-3」を加えて毛包を培養した場合、
なにもしない時に比べて35%も伸びていることが分かります。
上のグラフでは8日間行った実験の結果ですが、何がすごいか分かりますか?

はい。
すぐに効果がでているってことですね?

その通りです。
早い段階から結果が見えてくるということが、どれだけ凄いことか…
普段育毛剤を使用している方なら誰しもが分かるはず。

この章の実験では毛包を用いていますが、毛包が伸びるということは結果的に髪の毛が伸びるということに繋がります。
毛包は毛穴の奥にあり「発毛する為に一番重要な組織」を支えている土台のような役割を果たしています。

毛包が成長すると毛は伸びるのでしょうか?
私の場合、毛の本数も増やしたいのですが…

伸びます。
逆に言えば良い毛包がなければ毛は育ちません。
ルーカスマイヤーの論文でもこのように記述されています。

増毛と毛髪の強化です。
増毛は読んで字のごとく毛が増えることですね。
さらに、しっかりと自立する強い毛をつくることに繋がると言っています。

はっきりと増毛と毛髪の強化って書かれているんですね。
すごいな~(感心)

論文の最初の方に、もっとはっきりした答えがでていましたよ。

恐れ入りました。
実験で証明したからこそ言えることですね。
しかし、読み込んでいくと新たな発見が色々とありますね。

そういえば何か気になることがあるって言ってましたが?

そうなんです。
ずっと気になっていて…

21ページ目のグラフで
「ミノキシジルの3倍の156%」
ってありますが、
これは具体的にミノキシジルに比べて髪が3倍生えたってことなんでしょうか?

あとキャピキシル5%が普通だと思うんですが、キャピキシル11%という製品を見たことがあります。
やっぱり多く配合されている方がより早く効果が見込めるんでしょうか?

なるほど。やはり気になりますよね。
では詳しい内容に関しては、
直接ルーカスマイヤーに聞いてみましょう!

直接…
えええ!?

我々発毛ライフがルーカスマイヤー本社に
皆様の気になる疑問を直接
ぶつけて参りました!

ルーカスマイヤーHPから現在取得することが出来るキャピキシルについてのPDF(21ページ目)に
『Hair growth activity』
という表現がありますが
これはミノキシジルとペプチドを使用して比較した場合、ペプチドの方が3倍髪の毛が生えたという解釈でよろしいでしょうか?

そちらの実験は髪の毛ではなく
毛包を対象とした実験になります。
毛包は強く太い髪の毛を作る上でとても重要な組織になりますので、毛包部分の細胞がミノキシジルに比べ3倍活性化したということは、それだけ発毛促進につながると考えています。

キャピキシルは何歳くらいまでの方に効果が見込めるでしょうか?

対象年齢は設けておりません。
幅広い年代にご使用頂けるようになっております。

昨今の国内の育毛剤は、
頭皮の奥へ育毛成分を浸透させることに注力していますが、キャピキシルの浸透力はどうなのでしょうか?

単体でも浸透するようにはなっておりますが、
浸透力を上げることで効果的になる可能性はあります。

推奨されている配合量「5%」より多い量配合した場合、効果はどうなりますか?
(11%配合という商品を見たこともあります)

濃度があがることで効果が上がる可能性はあります。
ですが、弊社としましては5%程で効果が充分に見込めて尚且つ安全にご使用頂けると考えておりますので0.5%~5%を適正配合量として表示しております。

キャピキシルの効果をよりいっそう出す方法があれば教えてください。

薄毛の原因もさまざまですので、
あらゆる方面からアプローチすることが望ましいと考えます。

例えば、
ペプチド類だけでもKGFやIGF、FGFなど種類が豊富にありますし、
ピディオキシジルなどのミノキシジル誘導体と組み合わせることで効果がよりいっそう高まることは十分考えられます。


突然のお電話にも快くご対応頂き、本当に有難うございました。
毛包の重要性や他成分との組み合わせによる相乗効果など
開発元に言われるとすぐに納得してしまう。
育毛の七不思議ですね。

キャピキシル 応用編 ~対決企画から見えたキャピキシルの未来~~

キャピキシルってすごい成分ですね!
でも実際に使ってみないとわからないかもなぁ。

確かにそうですね。
そういったお声をとても多く頂きましたので
実際に発毛ライフで3か月かけてキャピキシルの効果を検証したんです。 それがこちら!

ボストンスカルプエッセンスVSフィンジア「左右対決」

Before
育毛剤対決企画開始前

After
対決企画3か月経過

凄い!3か月でこんなに濃くなるんですか!?
まるで別人みたいですね!

実は最初、
左側はキャピキシルが配合されていない全く別の育毛剤を使っていたんです。
でもあまりにも「ボストン」との差がついてしまって…。
それで途中から急きょフィンジアを投入したんですよ。
それ以降左側もどんどん濃くなってきて、最終的にどちらも変わらないほど濃くなりました。

こんなに凄い成分がいつの間にか開発されていたなんてとても信じられませんよ。

育毛剤の世界はまさに日進月歩なんです。
キャピキシルも今までの研究の積み重ねがあったからこそ生まれてきた成分なのです。

じゃあこれからもっと良い成分が出てくる可能性もあるんでしょうか?

今業界では、ミノキシジルに続けと
「シル」系成分の開発ラッシュとなっているんです。キャピキシルはもちろん、ボストンやフィンジアに配合されているミノキシジルに良く似た化学式を持つ
「ピディオキシジル」。またインコスメアワードで銀賞を受賞した
「リデンシル」など続々と新たな成分が発表されているんです!
現状ではキャピキシルが頭一つ抜けていますが、今後の開発競争でより良い成分が登場することは十分に考えられます。

胸が高鳴りますね!

それも良いですが、まずは
今ある中から最高の育毛剤を選び地道に努力を続けて行くことが フサフサへの一番の近道ですよ!


【関連記事】
【FINJIA】フィンジア育毛剤はキャピキシル+ピディオキシジル+カプサイシン配合!!
BOSTON 育毛剤「ボストンスカルプエッセンス」はキャピキシル+ピディオキシジル配合
ルーカスマイヤー(Lucas Meyer Cosmetics)の育毛成分「キャピキシル」を完全に理解する ~論文の徹底翻訳~

Share.

記事作成者

発毛君

コメントフォーム