このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛をうまくカバーする髪型【男性編】

0

こんにちは~フラワーです。

育毛を始めて一年近くになりましたが、まだまだ先は長そうです…
そんな育毛期間中に、薄毛をカバーするおしゃれな髪型があれば、是非やってみたいものですよね。美容師の友人に色々聞いてみたら、これが意外とあるんです!

ということで本日は「薄毛をうまくカバーする髪型【男性編】」です!

その1 生えている部分の髪の毛をあえてすく!

最近はあまり見かけなくなりましたが、一昔前のおじさんたちによく見かけた「バーコード」のようにサイドの長めの髪を頭頂部にもってきて隠す髪型。ありましたよね?
「バーコード」は隠せていると思っているのは本人だけで傍から見れば薄毛を無理やり隠していることは丸わかりです。髪がフサフサな部分を伸ばしていると、その部分の密度が高くなり、黒々と見え、余計に薄毛の部分が目立ってしまうんです。
ということは、黒い部分と薄くみえる部分の差をなくせば(もしくはなだらかにすれば)薄毛部分が目立たなくなりますよね!
少し危険な方法に聞こえますが、意外とヘアカットにくる薄毛の方からは好評みたいです。
方法としては、濃い部分の髪の毛をあえてすいてもらいましょう。もしくは可能な限り短くカットしてもらいましょう。そうすることによって黒い部分と薄くみえる部分の差がなくなり薄毛が目立たなくなります!

その2 トップにボリュームをもたせる!

男性の薄毛の場合、薄くなっている部分は、頭頂部かおでこ(M字ハゲ)である場合が大半です。
頭頂部が薄くなっているのにどうやってボリュームをもたせたらいいんだ!?と思われるかもしれませんが、そこはサイドと襟足をより短くカットすることで全体のバランスを調節するという作戦があります!
少量のワックスをトップの髪の根元につけて、あくまでも自然に立たせましょう。イメージは小堺一機さんです!ソフトモヒカン風の髪型は清潔感があり、とにかくおしゃれに見えます。

その3 薄毛でもカッコイイ有名人に学ぶ!

美容室や理容室にいってそこまで細かい説明なんてできない。という方はこうなりたい!という髪型の有名人の雑誌や新聞の切り抜きなどを、美容師さんに見せましょう。
てっとりばやいですし、美容師さん曰くそれが一番イメージが的確に伝わるから良いみたいですね。
参考までに⇒【GONZO’s ハゲ20選】ハゲているイケメンランキング–前編–

コンプレックスをそのままにすることなく、あえて武器にする!
そんな男性に女性は心打たれます!

Share.

記事作成者

FLOWER

コメントフォーム