このエントリーをはてなブックマークに追加

【キャピキシル】 DEEPER 3D発売!業界初・キャピキシル含有のスカルプエッセンス!!【成長因子】

0

2015/12/20追記 キャピキシルの特徴や成分について徹底解剖しておりますので、まずはこちらからお読みください。2015年時点でのキャピキシル配合の製品のランキングもあります。

キャピキシル(Capixyl)徹底解剖!育毛剤ランキング・歴史・メーカー突撃取材から真実を読み解く

先頃、とんでもない育毛剤が発売されたと各所で話題になっています。

DEEPERシリーズやモンゴ流シャンプーでお馴染みのアルファウェイさんから発売された

DEEPER 3D(ディーパー3D)

deeper3d

お値段も今までの DEEPER シリーズと比べ倍ほど違いますが 今までのシリーズといったい何が違うのでしょうか。

成分1.話題沸騰”生える”育毛成分キャピキシル配合!

今までのDEEPERシリーズとの最大の違いはこの「キャピキシル」にあります。

lucas_cover-702x336

キャピキシルはカナダの ルーカスマイヤーコスメティックス社が開発した新成分「アカツメクサエキス」「アセチルテトラペプチド-3」からなるプレミックスの原料です。

現在、医薬品として唯一効果が認められている「ミノキシジル」の3倍の毛包成長効果が有るんです!!

今回はじめてキャピキシルが育毛剤に入れられたことにより、今後の育毛業界の勢力図が大きく変わってしまうとまで言われております。

配合濃度は世界最高クラスの5%です。

成分2.8種類もの成長因子(グロースファクター)

育毛に欠かすことのできない成長因子ですがDEEPER3Dは今までどこも成し得なかった8種類もの成長因子(グロースファクター)を専門機関のエビデンスに基づき 高濃度配合 しています。

成長因子(グロースファクター)は別名:細胞増殖因子とも呼ばれ毛母細胞の活性化を助ける非常に重要なたんぱく質です。AGAクリニックでの治療にも用いられておりその注目度は日々高まっております。

deeper3
そしてそれらを毛穴に直接届くように海洋深層水とブレンドし、浸透力を高めているそうです。

配合されている成長因子一覧

ヒトオリゴペプチド-5

合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31

プラセンタエキス

オクタペプチド-2

アセチルデカペプチド-3

ヒトオリゴペプチド-13

加水分解アナツバメ巣エキス

水溶性プロテオグリカン

これらの成長因子がキャピキシルと相互作用し、より高いスカルプ効果を生み出しているのです。

成分3.モンゴロイド3大伝承成分

deeper4

更に、独自の成分配合として、モンゴ流ならではの原料も使用されております。

イラクサ根・葉エキス

モンゴルに自生する多年草、イラクサを、マイクロパウダー化して配合。 モンゴ流シリーズに配合しているイラクサは、日本での入手が難しい希少なものを使用している。 モンゴル人に古くから伝わる伝承成分で、彼らはイラクサをすり潰して洗髪に使用していた。 ビオチンの他、アミノ酸、各種ミネラル、ビタミン類を豊富に含み、頭皮環境を健やかに保つ。

ユッカグラウカ根エキス

アリゾナ砂漠等の乾燥地帯に育つユッカと呼ばれるサボテンに酷似した植物の根から抽出したエキス。 黒々とした髪を丈夫に長持ちさせるとして、インディアンに古くから伝わる天然の伝承成分。 彼らはユッカに含まれるサポニンの特性を用いて石鹸を作り、洗髪に使用していた。 髪を保護し、ハリ・コシ・ツヤのある状態を保つ。 日本では観葉植物としても有名。

ウミクロウメモドキ油(シーバックソーン/サジー)

モンゴル人とインディアンの二つのモンゴロイドをつなぐ共通した天然植物成分。

不飽和脂肪酸、ビオチン、ビタミン、アミノ酸の他、合計200種類以上の成分を含んでいる。 不足している水分を補い、頭皮環境を健やかに保つ。 モンゴ流シリーズには、この植物の種子から特別な方法で抽出された純粋なオイルを配合している。


これらの成分に加え、グリチルリチン酸2Kセンブリエキスなど今までの育毛剤にもよく配合される原料も余すことなく配合しておりまさにハイエンド育毛剤と呼ぶにふさわしい一本となっております。

deeper2

返品保証について

ディーパー3Dを購入するとモンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D® 10mLミニボトルというものが付いてくるようです。 こちらでお試し頂いて気に入らなければ返品することが可能です。

ただし、返品は14日以内と他の育毛剤に比べやや短め。 この短期間での効果はおそらく見込めないでしょうから、匂いが嫌いであるとか肌に合わない等の理由のための返品対応であると思われます。

内容量 60ml
内容成分 水、エタノール、BG、エトキシジグリコール、ベンチレングリコール、アセチルテトラペプチドー3、ヒトオリゴペプチド-5、合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-3、トリペプチドー1銅、オクタペプチドー2、アセチルデカペプチド-3、ヒトオリゴペプチド-13、加水分解アナツバメ巣エキス、アボガド油脂肪酸ブチル、リンゴ果実培養細胞エキス、グルコン酸亜鉛、水溶性プロテオグリカン、ビオチン、ヒアルロン酸ナトリウム、シアノコバラミン、グリチルリチン酸2K、グリチルレチン酸、ニコチン酸トコフェロール、ナイアシンアミド、パンテニルエチル、グルコシルヘスペリジン、イラクサ根エキス、イラクサ葉エキス、ユッカグラウカ根エキス、ウミクロウメモドキ油、グアバ葉エキス、ソウハクヒエキス、ゲンチアナ根茎/根エキス、プテロカルプスマルスピウム樹皮エキス、ビワ葉エキス、トウガラシエキス、グルタミン酸、グリセリン、キサンタンガム、ソルビトール、デキストラン、レシチン、ユズ果皮油、スペアミント油、メントール、PEG-40水添ヒマシ油、クエン酸ナトリウム、コハク酸2ナトリウム、没食子酸プロピル、フェノキシエタノール

毛髪診断士からひとくちコメント

今までも海外で「キャピキシル」を配合した製品というのはありましたが、国内の製品としては恐らく初になるでしょう。

凄いところは、なんといっても ミノキシジルの3倍の毛包成長効果でしょう。こちらは臨床データとして実際に論文にもまとめられておりますし信頼性は極めて高いものです。

それに加え成長因子が8種類も配合されたことは画期的ですね。 特にヒトオリゴペプチド-5(KGF)ヒトオリゴペプチド-13(FGF-1)は現在最も注目される細胞増殖因子です。

これらの成分が一つの育毛剤に配合されるのは画期的なことだと言えます。

⇒公式ページはこちら

Share.

記事作成者

発毛君

コメントフォーム