このエントリーをはてなブックマークに追加

【辛口評価】あの DHC から育毛剤発売!DHCの毛髪対策キット対応型の育毛剤ってどういうこと?

0

毎月何らかの注目育毛剤が出てくる今の時代ですが、今度はなんとあのDHCから育毛剤が発売されたようです!

その名も「毛髪対策キット 対応型育毛剤 DHC薬用ヘアルーツトニック」です!

dhc_main

DHCといえば、言わずとしれたサプリメントの大御所メーカーです。筆者もいくつかDHCのサプリは愛用しております。

そのDHCから、毛髪対策キット?対応型育毛剤??これはいったいどんな育毛剤なのでしょうか。

早速、DHC薬用ヘアルーツトニックの特徴と成分から詳しく解説していきたいと思います!

DHC薬用ヘアルーツトニックとは?毛髪対策キットって何なの?

薬用ヘアルーツトニックは、DHCが提供する毛髪対策キットに対応している、「本格ケアができる育毛剤」ということになっております。

そこで、この新育毛剤を知っていくためにも、まずは毛髪対策キットについて見ていきましょう。

DHCの毛髪対策キットとは?

DHCの遺伝子検査は、男性の薄毛や抜け毛トラブルの大きな原因である、男性型脱毛症(AGA)の発症リスクを遺伝子によって調べられるキットです。

kit3
DHCの遺伝子検査 毛髪対策キット

薄毛に繋がるAR遺伝子を検査し、AGAになる危険度を

・低め (生活習慣も薄毛や抜け毛の原因になるため要注意)
・中程度(薄毛が進行する前に早めに対策をしよう)
・高め(AGAになりやすい体質なので、早急に本格ケアを始めよう)

の3段階で知らせてくれます。

その際に「中程度」、「高め」と判断された場合に、DHCが発売した薬用ヘアルーツトニックで本格ケアをおすすめしています。

毛髪対策キットの使い方

この毛髪対策キットの使い方はとても簡単で、以下の3手順を行い送るだけで、3~4週間後にAGAリスクの結果が届きます。

 ①ネットやスマホから毛髪対策キットを注文する
 ②唾液を最終容器に入れて、保存液と混ぜて閉める
 ③遺伝子検査申し込み同意書に記入して採取した唾液と一緒に返送する

 

このように、唾液による遺伝子検査なので、血液採取のように痛みを伴わず、家族で気軽に検査することができるのです。

DHC

これを見て分かるかと思いますが、このAGAの検査は、遺伝による薄毛のリスクを計るもので、言い換えれば「対策なしでは進行を止めることのできない薄毛トラブル」の検査と言えるでしょう。

ですので薄毛・AGAの対策とされる、生活習慣の見直しやシャンプー成分を工夫するなどを行っても薄毛の進行が未だ見られるという方にとっては、是非一度試しておいてほしい検査になっています。

ただし、自宅で出来る分、注意事項も多いようです。

 唾液を取る1時間前からは、お酒を飲んだり、タバコを吸ったりしない

 歯磨きは唾液採取の1時間前に済ませておく

 唾液の採取量をオーバーしないように注意する

 IDシールを忘れずに貼る

 キャップやビニール袋はきちんと密閉しておく

 唾液を採取した後はそのままにせず早めに返送する

 同意書の記入と同封を忘れずに

これらを網羅しておけば、より正確で信頼性のある検査結果が期待できます。でも唾液でAGAが判るなんてちょっとすごいですね(^▽^;)

この検査キットの口コミでは、「絶対薄毛になる運命だと思っていたけど、”低め”判定でびっくり!」「遺伝ではないと思っていたら”高め”で正直焦った…」などと、良い場合も悪い場合も自分と予想外の結果になったという評価も多く見受けられます。

そこで分かった結果によって、自分に適している薄毛対策もより明確になるので、一度試してみるのも損はありませんね。

本格ケアができるDHC薬用ヘアルーツトニックの成分まとめ

毛髪対策キットの結果が、中程度・低めと判定された方におすすめされているDHC薬用ヘアルーツトニックですが、どんな成分が含まれているのか、数多くの育毛剤を試してきた人にとってはとても気になるポイントになるかと思います。

22798_1

DHC薬用ヘアルーツトニックの主成分としては、脱毛予防、発毛促進、頭皮環境の改善に役立つとされる以下の9つの成分が配合されています。

・ベニバナエキス
・β-グリチルレチン酸
・緑茶エキス
・ビワ葉エキス
・豆乳醗酵液
・ガゴメコンブエキス
・アクティブDNAリキッド-D
・ニンジンエキス
・EPC

これらの成分の中で、ベニバナエキスとアクティブDNAリキッド-Dが注目成分とされているのですが、それぞれの特徴をより詳しく見ていきましょう。

ベニバナエキス

rakkyou_sub3
画像出典元:鳥取砂丘紅花らっきょう

DHC薬用ヘアルーツトニックに配合されているベニバナエキスは、油や染料の原料としても利用されるもので、頭皮の保湿にとても高い効果が期待できます。

頭皮を乾燥から守ることで、外部からのダメージを緩和し、薄毛を予防しながら頭皮の状態を整えていくのです。

アクティブDNAリキッド-D

dna

アクティブDNAリキッド-Dは、DHAが独自開発した成分で、発毛促進に効果が期待できるとのこと。

ただ、この成分については、これ以上詳しい解説がされていないため、どのようなアプローチで発毛促進されるかは明確ではありません。

この他の成分に関しては、自然の植物エキスがほとんどで、いわゆる育毛剤というより、成分だけみるとサプリメントのような配合と言えるでしょう。

結局のところDHC薬用ヘアルーツトニックの効果はアリ?ナシ?

まだ発売されたばかりのDHC薬用ヘアルーツトニックは、口コミ数も少ないのが現状ですが、成分だけを見ると、 「薄毛の本格ケア」というより「薄毛予防・緩和ケア」という方が何だかしっくりくるというのが本音です。

dhc_men

もちろん、DHC薬用ヘアルーツトニックの効果は、個人差があるかと思いますので、中には「これが一番自分に合う」という人もいるでしょう。

しかし、本当に「薄毛トラブルを逸早く、そして効率的に改善したい!」という方には、育毛と発毛により特化したものの方がおすすめです。

毛髪対策キットで要対策判定が出た方におすすめの育毛剤とその理由とは?

毛髪対策キットで判定が”中程度”もしくは”高め”と判断された方には、以下の育毛剤がより効果的かもしれません。

その理由についてもこれから詳しく解説します。

本格的に発毛・育毛ケアしたいなら「キャピキシル育毛剤」がおすすめ!

DHC薬用ヘアルーツトニックの成分は植物由来のものが多いのですが、キャピキシルも基本的には植物系の原料から生成されている成分です。

キャピキシルは、リアップなどの医薬品の主成分であるミノキシジルの3倍発毛に効果が期待できると言われており、本格的に薄毛をケアしたい方にはピッタリの育毛剤となっています。

DHC薬用ヘアルーツトニックはもちろん頭皮や髪に良い成分が配合されているとは思います。
ただ、そこに発毛・育毛効果があるのかというとそうではなく、あくまで頭皮の土台の環境を整え、薄毛の進行を緩和する方に特化した製品だと言えるかと思います。 使用してみたいという方は、それと併用してより強い効果の期待できるキャピキシル育毛剤を使用すると良いでしょう。

⇒キャピキシル特集はこちら

キャピキシル育毛剤の使用者による発毛効果は、なんと9割以上にのぼり、年々キャピキシル利用者は増えています。

まずは毛髪対策キットで遺伝子を検査し、そこでどの薄毛対策が自分にあっているかをじっくり探っていきましょう!

Share.

記事作成者

発毛君

コメントフォーム