このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイソン がドライヤー発売!!羽根のない扇風機の技術も利用で初の美容家電

0

独自のモーター技術を駆使した「吸引力の変わらないただ一つの」掃除機や羽のない扇風機で知られる ダイソン より、初の美容家電「Dyson Supersonicヘアードライヤー」が4月28日に公式サイトおよび旗艦店である「Dyson 表参道」で発売されます! その後5月11日から順次、全国の量販店など200店舗で先行販売される予定です。

in-the-box-dyson-supersonic-iron-fuchsiain-the-box-dyson-supersonic-white-silver

ダイソン 公式ページ

まず、見た目からして凄いですね。とてもドライヤーには見えません(最初、私はコンデンサー型マイクに見えました)
この洗練されたデザイン、お洒落に敏感な方なら気になるのではないでしょうか!

ダイソン の技術の集大成

輪っかが付いたような見た目は、羽根のない扇風機で利用している「Air Multiplier」技術を応用したものです。 モーター部で取り込んだ空気を3倍に増幅。高圧・高速の気流を生み出すそうです。

dyson3

吹き出し口には20度の傾斜をつけることで、髪を乾かしながらのスタイリングを可能にしました。

日本で一般的に売られているドライヤーに比べ、風を送り出すモーターが8倍速く回転し強力な風を作り出せるということです。
モーターはヘッド部分ではなく持ち手部分に入っているので安定して持ちやすくなっています。

高スペック&充実の機能

風量は「スピード/レギュラー/スタイリング」の3段階に細かく調節可能。 最大風量は2.4立方m/分で、風圧は3.5Paを実現しています。

また髪を傷めないために温度にもこだわっており、速乾(78℃)、標準(62℃)、低温(45℃)、冷風の4段階の設定が可能。 これは従来のドライヤーに比べかなり低い温度設定ですが、高速の気流で従来型の高温ドライヤーと変わらない速乾性を維持しています。

関連記事⇒ドライヤー を使っていない男性諸君!!そのままではハゲる可能性があるかも!?

設定温度よりも高温にならない「インテリジェント・ヒートコントロール」を搭載しています。

ダイソン

アタッチメントには風量を弱め髪にやさしい「スムージングノズル」、一か所に集中してブローすることが可能な「スタイリングコンセントレーター」、柔らかな風を全体にかけ縮れやすいカールやウェーブをふんわり乾かす「ディフューザー」3種類用意されており、個人使用だけでなくスタイリストなど専業の方の細かい要求にも対応できるという事です。


5月10日までに予約注文またはご購入頂いた方は、もし満足できなければ全額返金してもらえるそうです。
安い買い物ではありませんので、使用してみて考える期間があるというのはありがたいですね。

ダイソン

更に直販限定モデルは、ジェームズ・ ダイソン 本人がデザインしたお洒落なレザーボックスが付いてきます。 これを持ち歩いてたら一目置かれることは間違いないでしょう。

Dyson Supersonic ヘアードライヤー

本体サイズ:78×97×245mm(幅×奥行き×高さ)
重量:618g
消費電力:1,200W
本体カラー:「アイアン/フューシャ」「ホワイト/シルバー」
価格:45,000円(税抜)

 

Share.

記事作成者

発毛君

コメントフォーム