このエントリーをはてなブックマークに追加

プチ・グルテンフリーで髪フサフサ!? 小麦 を制限する食生活のすすめ

0

小麦 は私たちの食事と切っても切り離せないほど大切なものとなっていますよね。

うどん、パン、ピザ、ケーキ、パン粉、ケーキ、クッキー、ビスケット、パン、パスタ、うどん、そうめん、 ひやむぎ、お好み焼き、もんじゃ焼、十割そば以外のそば、ラーメン、天ぷら、からあげ等々、、、

挙げたらきりがありません!

しょう油や味噌などの調味料にも 小麦 がふんだんに使用されています。

でも、これらが ハゲの原因になると知ったらあなたなら、、、どうしますか…?

小麦 は食べるな!

小麦

アメリカの著名な循環器専門医であるウイリアム・デイビスはベストセラー『小麦は食べるな! 遺伝子組み換えの恐怖! 』の中で 小麦 を食べ続けることによって円形脱毛症はじめとした様々な抜け毛を誘発すると述べています。

小麦を摂取するとセリアック病に似た炎症が皮膚に発生し、毛包の毛を支える力が弱まるので毛が抜け落ちてきてしまうそうです。 更に悪いことに、このようにして脱毛してしまった場合、小麦を食べ続ける限り毛は抜け続けるのだとか。

しかし、デイビス氏は 「ハゲ頭のパン屋さんが、パンを食べなくなって2カ月で髪の毛フサフサになった」という事例を取り上げ小麦と全てのグルテン源の摂取を控えることで劇的に毛髪が再生する可能性があると言います。

今日から始める 小麦 に頼らない生活

Body Building Diet food

小麦と関係のない(グルテンフリー)の食材の一例です。

米、豆類、野菜、果物、精肉、魚貝類、卵、乳製品(ヨーグルト・牛乳・バターなど)、蕎麦(十割そば)、ゼラチン・寒天 ナッツ・種子類、たまり醤油 米味噌・豆味噌、米酢・ワインビネガー・りんご酢、片栗粉・馬鈴薯澱粉・甘藷澱粉、ハーブ・スパイス類

 

なんだ、これだけあれば 小麦 がなくても余裕で暮らしていけそうです!

とはいうものの、いきなり小麦粉を完全に断ち切るのはやはりどうしても難しいと思います。

何しろ上述の通り、しょう油や調合味噌などの調味料にも小麦が多く使用されているのです。 グルテンフリーの完全に大豆のみで作られたしょう油とかも存在しますが、結構高い上に一般的なしょう油と比べ流通が少ないので あまり現実的とは言えません。

もちろん、小麦アレルギーの方とかであれば、小麦を徹底的に排除する必要がありますが 今まで何の気なしに小麦食品を摂取していた我々にとってはなかなか困難ですよ。外食だってするわけだし。

そこで、発毛ライフとしては 「プチ・グルテンフリー生活」を推奨したいと思います!

どういう事かといいますと、調味料に使用される小麦はOK。食材としての小麦はNG。

ね、簡単でしょ?

すぐに思いつくのは和食ですね。

Japanese breakfast

お米、焼魚、野菜、煮物、十割ソバ等々。調味料に塩、しょう油、、、ここで初めて小麦が出てきましたね。

でも普通の食生活と比べて、この程度の小麦使用量であれば全く無視できる量でしょう。

さらに外食を少なくすることによってお財布にも優しくて一石二鳥!?

その他にも意識してこの食生活を始めることで、デイビス氏の紹介したパン屋のように数か月でフサフサになる可能性があるかもしれませんね。

私も早速チャレンジしてみたいと思いますので、効果の程をまた追記したいと思います!!

Share.

記事作成者

発毛君

コメントフォーム