このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛成分を徹底分析!これであなたも育毛マスター【前編】

0

いままで発毛ライフではおススメの育毛法や育毛剤、シャンプーなどのご紹介をしてきました。少しずつですが「髪が生えた」、「髪が元気になった」等のメッセージを頂き発毛ライフ編集部一同とても嬉しく思います。

さて先日追加しましたシャンプー主成分早見表にかなりの反響があり、育毛剤バージョンの投稿を待ち望むメッセージが沢山寄せられました。

幾つかご紹介します。※ご本人様からは許可を頂いております。

Yさん 40代・男性

シャンプー成分一覧はとても為になりました。あたかも髪に良いような事を謳っているにも関わらず成分を見たら洗浄成分が強すぎたり、余計なものが入っているシャンプーがとても多い事に気が付きました。出来れば育毛剤で同じような表があれば自分で納得して使えると思うのですが。如何でしょうか?これからも更新楽しみにしています。

確かに近場で買える製品の中には低コストのあまり良くない成分が大量に使われていたりする物も多く出回っているのでお役に立てたのなら幸いです。

うちわさん 60代・女性

市販のシャンプーって怖いですね。と同時に考えてしまうのが私が使っている育毛剤は大丈夫なのだろうかと言う事です。発毛ライフさんがご紹介している、ボストンスカルプを使用しているので大丈夫だと思いますが、他にも使っている育毛剤があります。自分で調べてみても良く分からなかったので教えて頂けたら幸いです。商品名は(※某育毛剤、伏せます)です。

ご質問の育毛剤を発毛ライフで検証しましたが特に問題なかったので、そのままご使用いただけます。

読者の皆様が普段使っているシャンプー・育毛剤の成分にしっかり意識を向けて頂けたことは、ヘアケアの総合サイトとしては嬉しい限りです。これからもご自身で自分にあった育毛剤を選び、納得したうえでご利用できますよう、少しでもお力になれればと思います。

『育毛成分早見表』は近日中に公開予定ですが、まずは育毛成分についておさらいも兼ねてまとめてみたいと思います。

髪を失わない為の成分

発毛ライフで言うところの「防御力」です。医薬品でしたらフィナステリド、デュタステリドなどが該当します。

5αリダクターゼの働きを阻害してテストステロンという良性の結果をもたらすホルモンをジヒドロテストステロンという脱毛を促すホルモンに転化するのを防ぎます。

ただしかしこれは医薬品ですので嫌う方も多いのではないでしょうか。そもそも女性は使えません。

そこで天然成分で代用します。ただ脱毛の原因は多数の要因が重なっておこるものです。人それぞれ原因があります。ざっと以下の様なものがありますのでご自身のタイプと比べてみてください。

ホルモンによるもの

男性の遺伝による薄毛、老年期の女性の多くはこれに当たります。これを改善するためには以下の成分が良いとされています。

ノコギリヤシ(ソーパルメット)

言わずと知れた代表格です。サプリメントで飲むのが一般的です。

キャピキシル・ピディオキシジル

こちらは天然成分というと少し語弊がありますが天然由来だったり副作用がなかったりと優秀で今一番注目を集めている成分です。とりあえずこれが入っていれば間違いないと言われるほどです。医薬部外品では販売出来ない為、これを配合している製品分類は奇妙な話ですが化粧品分類です。

ヒオウギエキス・オウゴンエキス・M-034(ミツイシコンブエキス)

大抵の育毛剤ならまず入っている成分です。

頭皮異常によるもの

頭皮が炎症をおこしていたりすると脱毛の原因になります。炎症もひどくフケが多い方や、円形脱毛症の疑いがある方は皮膚科を受診することをおすすめしますが、成分としては以下のものがあります。

ケトコナゾール

フケ取りシャンプーなどで良く使われている医薬品です。頭皮の炎症を抑えミノキシジルのような発毛作用も報告されています。

甘草エキス・ビワ葉エキス

頭皮の炎症を抑えると言われています。

老化現象によるもの

細胞の老化により問答無用で脱毛する事もあります。老化は仕方のない事ですが、なるべく遅らせたいものです。そのためには体の酸化や糖化を抑える事が大切です。

フラーレン・イラクサエキス・オタネニンジンエキス・シーバックソーン

一例ですが抗酸化作用があると言われています。酸化とは体のサビのようなもので、くすみや皮膚の硬化につながります。

シルバーバインエキス・ユキノシタエキス・ウメエキス

酸化ほど有名ではありませんが似た作用として細胞の糖化現象があります。現代人は糖分を取りすぎる傾向にありますので、この問題も見逃せません。

血行不良によるもの

頭皮の血流が滞っていると細胞に酸素や栄養が行き渡らず抜け毛の原因になります。

これについては次回に回したいと思います。次回は残りの発毛力のお話です。

⇒続き「育毛成分を徹底分析!これであなたも育毛マスター【後編】」

Share.

記事作成者

発毛君

コメントフォーム