このエントリーをはてなブックマークに追加

頭髪 アンケートからみえた県民性。最もヘアケアにお金をかけるのは大阪府! 栃木県民はハゲが多いだって!?

0

メンズヘルスクリニックの運営などでも知られるヘアメディカルグループはこの度、「 頭髪 に関するアンケート」を行いました。
同調査は9月20日~26日、全国の20代~50代までの男性1,410名を対象に、インターネットで実施したものです。

このアンケートでは各県民性の違いが出ていてとても面白い結果となっていますので少しご紹介したいと思います!

育毛剤使用率の高い栃木県

頭髪

日頃行っている 頭髪 ケアについて尋ねたところ、育毛剤の使用率が最も高い地域は「栃木県」の30.0%。

栃木県民で自身の頭皮状態を健常だと思っている人は、わずか20.0%でした。

つまり、5人に4人は頭皮に何かしらの不安を抱えているという事です。ちょっと悲しい結果ですね・・・。

ちなみに全国平均は36.8%だそうです。これでも3人に2人ですので決して安心しては居られません。。

また育毛剤の使用率が高いのに効果が出ていないのは、アンケート通りに読み解けば、1000円未満のトニックや格安製品を使う方が多く、そこまでの効果が得られていないという事になりそうです。

現在気になる頭髪の悩みがあるかという具体的な質問に対して、「非常に気になる」と最も多く回答したのは千葉県で53.1%でした。

具体的な悩みの内容は、「髪の毛が細くなってきた」(53.3%)、「頭髪全体が薄くなってきた」(46.7%)、「最近抜け毛が増えてきた」(43.3%)など。

 

関東勢、しっかりしてくれ~!!(笑)

逆に関西圏は関東に比べて髪の悩みが少ないようです。

頭髪・ヘアケアにこだわる近畿地方

頭髪

一か月間でヘアケアにかけている金額で最も多いのが1000円未満だったのに対し、5000円以上をかけているのが最も多かったのは大阪府です。

そのおかげなのか、大阪府は自身の頭髪状態を「健常」と答えた人の割合が全国で2位と上位。

また全国で一番いろいろなヘアケアを試しているのは「兵庫県民」で、特にヘアケアの中でも、育毛シャンプーや育毛剤については使用率が高いという結果になりました。

近畿地方は自身の頭髪状態を「健常」だと回答した割合も最も高く、しっかりとお金をかけた分だけリターンを得られている と解釈できるでしょう。

他にも、マイナビの情報によれば、薄毛治療を受けている割合も、近畿地方がもっとも高かったそうです。

こうして考えてみると、地方によって大分差があるという事が窺えますね。

関東はAGAクリニックなどが豊富にある割には利用者数が少ないという事なのでしょうか? このアンケートの元を見たかったのですが、マイナビの記事しか見つからなかったので、結構アバウトな部分もあるかと思いますがご容赦ください。

でも、ちゃんと育毛剤を使っている大阪民の頭皮状態が良いと回答しているのを見ると、育毛剤はある程度良いものを使うのが吉のようですね!!

f
カプサイシンの作用によって毛穴を広げることで、成分をより奥に浸透させる独自のゲートアクセス理論を用いた育毛剤。
毛包部分の細胞をミノキシジルに比べ3倍活性化させると言われるキャピキシルの他に、ミノキシジルに化学式が酷似したピディオキシジル (2%配合) や、センブリなど配合!
Share.

記事作成者

発毛君

コメントフォーム