このエントリーをはてなブックマークに追加

ロレアル の縮毛矯正剤で脱毛。米国で10万人が集団訴訟の件、果たして本当に ロレアル が悪いのか?

0

フランスのクリシーに本部を置く世界最大の化粧品会社である ロレアル 社。まず聞いたことがない人はいないんじゃないかというくらい大きな会社ですね。

そんな化粧品会社の ロレアル の「ソフトシーン・カーソン(Soft Sheen-Carson)」というブランドから発売された縮毛矯正剤が米国でとんでもない事態を巻き起こしているのだそうです。

その事態とはなんと脱毛。

ストレートヘアになってキレイになりたいのにハゲちゃった…なんて本当に最悪です。

いったいなぜこんなことになってしまったのか。これは本当のこと?そしてロレアル社の対応は? 一通りまとめてみたいと思います!

ロレアル への集団提訴

仏化粧品大手「 ロレアル (L’Oreal)」がアフリカ系米国人の女性たちを対象に発売した縮毛矯正剤が、「ふんわりと絹のように滑らかな髪」とのうたい文句とは裏腹に脱毛を引き起こしたとして、利用者らが14日、米カリフォルニア(California)州連邦裁判所に集団訴訟を起こしたという事です。

その縮毛矯正剤はロレアルが「ソフトシーン・カーソン(Soft Sheen-Carson)」というブランド名でアフリカ系米国人向けに発売している製品です。 ファッションモデルのシンシア・ベイリーさんや、ミシェル・オバマ米大統領夫人のヘアスタイリストとして知られるジョニー・ライト氏はじめ、セレブを宣伝に起用していたとされています。

ロレアル

ソフトシーン・カーソンには何種類かシリーズが出ていて、海外記事を探してみても正確な商品までは把握できませんでした。 『Dark and Lovely』、『Optimum Salon Haircare』あたりの縮毛矯正剤だとは思うのですが。

サラサラストレートヘアのブリアさんがモデル。これはCMなのでおそらく誇張されているのでしょうけど…

一般的にはこんな感じで使っていくのだそうです。

 

ところが、これを使った女性にふんわり滑らかどころか脱毛が起こってしまう例が頻発してしまったのだそうです。 もし本当にこれが原因で脱毛が引き起こされたのだとすれば、たまったもんじゃありません。

今月14日、利用者らが14日、米カリフォルニア(California)州連邦裁判所に集団訴訟を起こしました。
訴状によると原告団は、この縮毛矯正剤が原因で「脱毛や切れ毛、頭皮の炎症や水膨れ、火傷などの苦痛を伴う不快な症状」が現れたと主張しおり、原告側代理人のベン・マイセラス弁護士は原告の人数は既に10万人に達していると訴えています。

この弁護士ベン・マイセラス氏は過去にマイケル・ジャクソンはじめとする数々の著名人の代理人を務めている敏腕弁護士。
AFPの取材に賠償額は数億ドルに上る可能性があると指摘した上で、和解交渉には「喜んで」応じる方針を表明。「裁判を回避できるか否かは、 ロレアル 次第だ」と述べたそうです。

率直な感想。 これ…疑いたくないけど米国お得意の理不尽裁判じゃないのかね…?

ロレアル 側は、商品に問題はないと主張しているようですし。

そもそも縮毛矯正剤自体が頭皮につけてはならないものですし、さらに高温ドライヤーを髪に当て続けるので髪と頭皮に良いわけがないんですよ。 ちなみに日本ではほとんどの場合ヘアサロンや美容室で専門の技術者が施術するものです。

ロレアルの広報担当者は、「縮毛矯正剤は工業製品だ。説明書に従えば安全に使用できる」と説明しております。

今回の10万人という数字は具体的に署名か何かを採ったものなのでしょうか。

決めつけるのは早計なので私はどちらとも言いませんが、やっぱりなんか引っかかりますね(笑)

ヤフーニュースでもトップに取り上げられ様々な意見交換が行われていました。パッと見 ロレアル を擁護するコメが多いようでした。

ロレアルの縮毛矯正剤で脱毛、米国で10万人が集団訴訟

Share.

記事作成者

発毛君

コメントフォーム