このエントリーをはてなブックマークに追加

メディカルSMPを徹底検証!!わかりやすく確実なその治療法とは?【次世代型薄毛治療】

0

育毛業界で最近よく耳にする「メディカルSMP 」という技術。

日本でも施術をする機関が出てきており注目を集めています。

海外では広く浸透していると言いますが、実際どんなものなんでしょうか。

logo

新しい薄毛治療法『 メディカルSMP 』とは

 

まずSMPとは、「Scalp Micro Pigmentation」の略です。

Pigmentationとは染色,着色や色素を沈着させるといった意味があります。

専用に開発された 針とインクを用いて、頭皮に色素を注入することで毛根を描き、あたかも髪の毛が生えているかのように見せる医療技術です。イギリスから世界各国に広がり、10数年経ちますが、日本ではまだ馴染みがありません。

メディカル SMP 公式ホームページより

よくタトゥーと混同されるようですが、目立つような装飾を入れるタトゥーと違い、メディカルSMPはあくまで医療として、脱毛等によって露出してしまった頭皮を、髪のように疑似的に描いてカバーすることが最大の目的なので、その意図は全く違うといえるでしょう。

海外では既に数万例以上実績があり、信頼のおける施術のようです。

 

メディカル SMP 公式ホームページにこんなFAQがありました。

Q.タトゥー(刺青)とは違うの?

A.違います、メディカルSMPはアートメイクの一種です。タトゥー(刺青)は体の装飾を目的として行いますが、メディカル SMP は薄毛治療を目的とした医療行為です。また、刺青とは使う器具やインクも異なります。針が皮膚へ刺さる深さも異なり、それは訓練を詰んだ医療従事者だからこそできる施術であると言えます。


実際に都内区役所様へのメディカルSMP施術についてのアンケートでは
「ファッション目当てのタトゥーとしてではなく、薄毛治療の一つとして、メディカルSMPを選択した職員を、公平に扱います。」との回答を得ているようです。

発毛ライフの調査によると、一般企業での就業規則において、スキンヘッドやボウズ頭を禁止している企業や部署はありませんでした。
また、染料は皮膚の表皮と真皮層という部分に堆積するので、毛根への悪影響はほぼないと言われています。

Symbol of law and justice

それでは実際にメディカル SMPを詳しく解説していきたいと思います!

メディカルSMPでどんなことが出来るの?

 

いきなりショックなことを言うようですが、、

 

抜け毛は加齢とともに進行していき
毛母細胞が死滅してしまうと細胞分裂が起きなくなり二度とその毛穴から髪が生えてくることはありません。

当然それを防ぐために我々は食生活や環境を改善したり、育毛剤を使ったりと
あらゆる努力をするわけですが(努力していますよね!?)、それでもやはり全ての毛穴を見張ることは不可能です。

これは「男性型脱毛症(AGA)」「女性特有のびまん性脱毛」問わず同じことが言え、加齢と共に早かれ遅かれ必ず髪は減っていくのです。

また遺伝や先天性・難治性の脱毛症等で毛母細胞が無い場合、事故や手術で毛母細胞を失った場合についても同様で、毛母細胞が存在しないところから髪が生えることはありません。

Doctor writing medical record

こういうケースにおいて メディカルSMPが大いに役立ちます。

一見、頭皮に色素を注入するというと、坊主頭しか作れないように思いがちですがそうではありません。

上記のように、部分的に薄くなったりハゲてしまっている部分、生え際や、つむじ周りの密度アップとして施術し、自然に髪を濃く見せることも可能なのです。

また施術して直ぐに効果を感じ取れる即効性や確実性は、他の発毛法にはない利点と言えるでしょう。

カツラや植毛という選択肢もありますが、これらはランニングコストが高い、メンテナンスが大変、外れてしまうのではないかという恐怖がありますよね。
広範囲になると、植毛はそのものができないし、かつらを被るしかなくなる、などのデメリットも次第に増えていきます。


メディカルSMPのさらに特筆すべき点は 育毛剤や別の発毛治療と共存できるという点です。

発毛治療は、その特性上直ぐに髪が生えるというわけにはいきません。 かといって植毛等に頼ってしまうと、もはや自分の髪を育てるという事自体が困難になってしまう可能性もあります。

Woman hand with ampoule of Crescina HFSC Re-Growth

メディカルSMPであれば、既に植毛やかつらを使用している方にも、植毛の傷痕のカバーはもちろん、治療前よりも薄毛が進行してしまった場合のカバーが可能です。

かつらを被る方であれば、万が一外れてしまった場合でも、薄毛部分さえカバーしてあれば
ON(かつら着用)とOFF(かつらを外してもナチュラルな頭に)を使い分けることによって、ストレスなく過ごすことができます。

もはや、究極のおしゃれといっても過言ではないですね!

更に、最近増えている女性の生え際や広がってしまった分け目、額にも、密度カバーができます!

メディカルSMPを受けることで、先に全体を濃く見せながら 同時進行で「育毛・発毛」を行っていけば即効的に髪が増えたように見え、尚且つ自分の髪もしっかりと育てて行けるのです。

メディカルSMPを受けるには?

表参道に構える 表参道首藤クリニックでは、今年5月に日本初となる メディカルSMP 専門チームを発足しました。

logo

チームは専門のトレーニングを受けた有資格の医療従事者のみで構成されており、医師が診察・患者様の状態を確認し徹底した安全管理のもと治療を行います。

メディカルSMP専用カウンセリングセンターで無料電話相談が受けられるそうなので、まずは一度お電話してみてはいかがでしょうか。

◆メディカルSMPのメニュー
<薄毛でお困りの方>

分け目や、頭頂部、つむじ周りの密度アップ:施術回数 2~3回/料金 15~25万円

IMG004
ヘアラインから頭部にかけて:施術回数 2~3回/料金 40~50万円

IMG005
頭部全体:施術回数 3~4回/料金 60~70万円

IMG009

<植毛でできた傷をカバーされたい方>

1本傷20cm以内:施術回数 3~5回/料金 25~30万円

IMG012
1本傷20cm以上:施術回数 3~5回/料金 30~35万円

IMG013
複数傷:施術回数 4~5回/料金 40~60万円

IMG014

これは、大まかなメニューで実際はカウンセリングにて、更に細かく施術部位と回数を詰めて行きます。

通常のAGA等であれば25万~40万円ほどでカバーできそうです。
決して安くない金額ですが医療ローンやクレジットカード支払いにも対応しているそうです。
一度施術してしまえばノータッチで日常を過ごせますから、日常の煩わしい悩みから解放される、と思えば全然アリですね。

維持の方も、2年に1度を目安にメンテナンスを推奨しているようですが
施術後1年間は無料でメンテナンスが受けられるのでその点も安心です。

 

 

実際にメディカルSMPを受けた方のブログがありました。

プロダーツプレイヤー田中貴志のメディカルSMP体験記

3

施術3ヶ月後には 完全にインクが定着し色褪せ等もなく、周囲には一度もバレたことがないそうです。
本当にご本人の髪とメディカルSMPを施術した部位の差が全くわかりませんね。


メディカルSMPの施術法を耳にした時、はじめは
「綺麗ごと言ってるけど結局タトゥーと同じじゃん。」

と嫌悪感を抱いたのですが、色々と調べて行くうちにこれはタトゥーなどではなく
しっかりとした医療行為なんだなと感じました。

実際にメディカルSMPに電話をしてみたのですが、本当に細かく色々と教えてくださいました。

 

何よりも、施術後も育毛を行いながら、普通に日常生活を行えるというのがいいですよね。
普段は育毛剤で何とかAGAの進行を喰いとめている僕も、生え際の薄くなったところにメディカルSMPを施術したいと考えるようになりました。

例えば、バーコードはげと呼ばれる、サイドの髪を伸ばして頭頂部を隠しているような方もメディカルSMPを受けて、スタイリッシュなボウズ頭で新しいライフスタイルを始めるのもいいかもしれませんね!
施術したその日は鏡から目が離せなくなるほどの感動らしいですよ!

今なら先着30名限定で、施術料金が最大70%オフになるキャンペーンを行っているようですので、気になる方は問い合わせて見てはいかがでしょうか!?

メディカルSMP公式ページはこちら

メディカルSMP公式Facebookはこちら

Facebookには、モニターの方の写真も掲載されていますので、一見の価値ありです!

◆続きはこちら⇒メディカルSMP を実際に受けた方のブログをご紹介!ものすごく自然な仕上がりに感動!!

◆特別取材の記事⇒メディカルSMP 施術後にMRIを受けることは可能なのか!?実際に田中さんに行ってもらいました!!!

Share.

記事作成者

発毛君

コメントフォーム