このエントリーをはてなブックマークに追加

メディカルSMP を実際に受けた方のブログをご紹介!ものすごく自然な仕上がりに感動!!

0

欧米諸国で話題の画期的な薄毛治療法『 メディカルSMP 』という全く新しい治療法が国内でも施術できるようになり、じわじわと人気を集めています。


そんな中、メディカルSMPを実際に施術された方がブログでメディカルSMPについて語っていますので今回はそちらをご紹介したいと思います!!

プロダーツプレイヤー田中貴志のメディカルSMP体験記

プロダーツプレイヤー田中貴志のメディカルSMP体験記

 

メディカルSMPを実際に受けたという田中さん。 ハーフっぽいお顔立ちのイケメンさんですね^^

t2

職業がプロダーツプレイヤーというのも凄いです。

そんな田中さん、今年の3月にメディカルSMPを受けました。 3月というと本当にまだメディカルSMPが日本に入ってきて間もないときです。

田中さんは施術前に気になっていたことが4つあったそうで それを丁寧にブログで紹介されています。

1.メディカルSMPは痛いのか

メディカルSMP

僕はダーツつながりで、クリニック関係者のお客さんから、話を聞いたので

とっっっっても詳しく メリット デメリットを聞けました。

その中でも僕が1番気になっていた

 

・実際痛いの?ねえ、痛いんでしょ?

 

について書きます。

 

痛いのをかなり心配していたようですね(笑)

たしかに、タトゥーとかってかなり痛いと聞きますし、それをあろうことか頭に施す訳ですから心配されるのも無理はありません。

でも実際は

ん??

あれ??

痛くないじゃん!!!!!!!

例えるならば、頭の上で、ボールペンをカチカチやられてる感覚です。

なんだこれ楽勝だぜ!!!

 

メディカルSMPはタトゥーと違い医療行為なので、看護師さんが麻酔クリームを塗ってくれるそうです。 これなら痛みに怯えることなく、安心して施術を受けられそうです!

2.感染症になるリスクについて

これも怖いですね。少なからず針を使ったものなので気になる所です。

メディカルSMPセンター では、主に2つの工程で、感染症予防をするそうです。

1、施術前

2、施術時

の2つです。

まず、カウンセリングを受けた時に、実際にどのくらいの費用がかかるのか、とか

いつ施術するのか、を決めるんですね。

カウンセリングが終わったらここで血液検査をします。

何でも、血液検査に引っかかると施術そのものが出来なくなるとのこと。

 

施術のときは

針とインクを使うんですね。

針に関しては、毎回 新品の針を目の前で『ばりっと』開封して頂けます。 インクも、毎回 使い終わったものを捨てていました。

血液検査の段階でほぼ0な上に、

自分の身体に使うものは、自分以外に使用されないってことです。

しかも、目の前で行っていただけるので、とても安心感がありました。

 

感染症にかかった人の施術を断ることで万一の事態を未然に防いでいるようです。

施術の針は当然使い捨て。それも毎回 新品の針を目の前で開封してもらえるそうです。 インクも、毎回使い終わったものを捨てるという徹底ぶりです。

もっとも病院が施術するのだから我々素人が思う以上に色々と考えてくれているでしょう。
その点でもタトゥーとは明確に線引きできていると感じました。

3.バレたら相当恥ずかしくない?

多分今悩んでる人も、これを気にする人は多いと思います。

僕は、知り合いから紹介してもらうまで、一切メディカルSMPのことを知らなかったんですね。 なので、髪の毛描くんだよ~なんて言われてもピンときませんでした。

どれぐらいリアルに見えるのか

こればかりはもう、目で確認しないとわからないじゃないですか。

 

そうですよね。 髪を描くなんて普通なら想像もしないことです。

なので田中さん、手始めにYOUTUBEで海外の人がメディカルSMPを受ける動画を見たようです。

HIS HAIR CLINIC【YOUTUBEリンク】

Skalp【YOUTUBEリンク】

これは凄いです。 ボウズの人だけじゃなく、普通の髪型で薄毛の人もこんな感じに生えたように見せることができるんです。

t3

いや~、頭皮の色が黒いだけでこんなに生えて見えるんですね。田中さんが衝撃を受けたというのも納得できます。

でも、動画とか写真だけだと、100%にはならないんですよね笑

成功したものだけを見せてるんじゃないの?

とか

フォトショップでいじってるんじゃないの??

といった、僕の性格の悪さが出てきます。

だからカウンセリングの時に言ったんです。

実際にやった人に会えないんですか?って。

そしたら、なんて返ってきたと思います?

「私、やってますよ」

 

 

ん?

 

 

え?

 

 

えー!!!!!

カウンセリングの時に、カウンセラーの方と、もう1人いたんです。

その人、体験者さんだったんですよ!

その質問まで1時間くらい、僕は完全に気づきませんでした。

近くで見せてもらおうと思って、まじまじとのぞきこむと

50cm以内に近づいて見ると、言われてみれば

ん~~そんな気もするけど・・・

 

こんなに自然に見えるんだ。

 

先程も申し上げましたが、普通の人なら髪を描くということ自体がまず想像もしないことです。

実際にメディカルSMPの存在を知っていて、尚且つ50cmの至近距離にまで寄ってみても 言われてみればそんな気がするレベル。

ここまでくれば日常生活でばれることはまず100%ないといっても良いでしょう。

人の心理までも巧みに使った施術だと言えますね。

4.メディカルSMPは、メンテナンスが必要なの?

僕が受けたメディカルSMPセンターでは、施術に使うインクが

水性で 変色しないらしいです。

よく、タトゥーをしてる人って、黒で入れたはずなのに、青とか緑っぽく色が変わってるじゃないですか。←偏見かも(笑)

そうなってしまう心配はないってことですね。 その代わりに、やはり水性なので、だんだんと色が落ちてくるんですね。

なので、およそ2年に1回くらいのペースでメンテナンスを推奨しているらしいです。

そうなってくるのが気になるのは値段ですよね。

 

ランニングコストが一番怖いって誰か言ってた!!!(適当)

一生僕からお金をむしりとる気かもしれない!!

↑むしる髪はないけど、金はあると思われてるのかもしれない。(実際はないです。)

 

むしる髪はないとか自虐的すぎやしませんかねぇ…(笑)

でも、確かにランニングコストはもっとも重視するべきポイントです。チリも積もれば何とやら。

「そこで確認したところ、1回3万円ですって!!

その1回で、最初の施術の終了時から、色が抜けてしまった部分は全て治してくれるみたいです。

えーと・・・

2年に1回3万円ってことは・・・

1年で15,000円で

 

 

1ヵ月当たり、1,250円だ!!!!!

 

 

スタバ2杯分と一緒かよ!(唖然)

このコストパフォーマンスはいいですよ。

他の治療と比べても、
間違いなく最安だと思います。

 

 

こうやって考えると 物凄く経済的に感じますね。

2年で3万円ってコスパ圧倒的でしょう。

薄毛治療は長い目で見ると数百万単位でお金が トンでいくことも珍しくないですからね。

ちなみに僕は今4カ月経ちますけど、全然色落ちとかは感じていません。

個人差あるみたいなので、またメンテナンスする時のブログを楽しみにしていてください。

 

田中さんのブログをみたら、私もやってみたくなってきてしまいました(笑)

私は坊主ではないのでそこが気になっていたのですが、田中さんの紹介されていた動画を見ると いたって普通の短髪の方が本当に自然に生えているように見えます。

最初の施術に10~70万かかりますが医療ローンが可能なようですし、一度施してしまえばあとは育毛剤よりも安くランニングさせることが可能なようですしマジでやろうかな…。

欧米諸国で急激に拡がっているメディカルSMP

日本ではまだまだ認知度の低いメディカルSMPですが欧米ではすでにセレブを中心に、最先端なオシャレとして急激に注目を集めているそう。

メディカルSMP

日本に比べタトゥーに寛容な欧米だからこそっていうのもあるかもしれませんが、これはタトゥーではなく国にも認められているれっきとした 医療行為ですし、もっと評価&認知されるべき薄毛治療法ではないでしょうか。

ポケモンGOよろしく、欧米ではやったものは日本でも浸透しやすいですし 今、メディカルSMPを受けて時代の最先端に乗っかるのも悪くないかもしれませんね!

ちなみに今ならモニター募集中のようです。残り18名様だという事なのでこれは検討してみる価値がありそうですよ!!

◆モニター募集⇒アートメイクの進化版!最新薄毛治療『メディカルSMP』 モニター募集開始・残り18名様!

◆前回の記事⇒メディカルSMPを徹底検証!!わかりやすく確実なその治療法とは?【次世代型薄毛治療】

◆次回の記事⇒メディカルSMP 施術後にMRIを受けることは可能なのか!?実際に田中さんに行ってもらいました!!!

※当記事の写真・テキスト等は掲載許可を頂いております。無断での転載はお控えください。

Share.

記事作成者

発毛君

コメントフォーム