このエントリーをはてなブックマークに追加

ミノキシ、フィナに次いでの最後の治療法?レーザー育毛のヘアマックス

0

どうも、ささやんです。

最近ぐっと寒くなりましたね。ささやんの自宅では去年石油ストーブを中古ショップで買って部屋をススだらけにしてから暖房設備がありません。

自宅でネットを見ていても吐く息は白いし、マウスを操作する手もかじかむのでモコモコ寝巻に腹巻、手袋は欠かせません。

体の冷えは万病の元ですから皆さんは育毛の為にも体は冷やさないようにしてくださいね。

冷水シャンプーなどは体を芯から冷やすものでは無いので例外ですが、もう今年はやりたくないですね(汗 南雲先生は凄いなー・・

さて今日はレーザーです。レーザーで育毛ってどうなんでしょうね?

医療ではもう普通に使われているレーザー。ただイメージとしては余計なものを切ったり、焼いたりなイメージです。

むしろレーザー脱毛の方が有名じゃないですか?育毛とは真逆な印象・・・。

ウィキペディアよりレーザメス画像

ウィキよりレーザーメス

レーザー脱毛器

amazonより脱毛器

・・・と言うのは高出力レーザーの話で今回は低出力レーザーです。

原理は?

低出力レーザーが頭皮の芯まで届き、血流を促し、毛母細胞を活性化させるとの事。

さらにレーザーで細胞を刺激することでATP(アデノシン3リン酸)を増やす事ができるんだとか。

ATPってなんなのよ?ってなると思いますが体の中の通貨みたいなものだと思ってください。

「ささやん毛髪製造工場」があったとします。不況のあおりを受けて経営難。お金がないので材料も買えず、設備も古いまま・・・生産はストップ寸前です。

コレではいかんとなった「ささやん政府」は通貨(ATP)の供給量を増やす決定をしました。

造幣局にレーザービームを照射。するとあら不思議。みるみる通貨が発行されて景気は回復。「ささやん毛髪製造工場」の経営は立ち直り毛髪の生産も活発になったのでした。めでたしめでたし。なんだこの世界観・・・

分かりにくかったかもしれませんが、身体の機能を正常に保つためには必要不可欠な物だということです。喩え話は苦手ですorez

さて今回紹介するのはレーザー育毛治療器「ヘアマックス」です。

hairmax

これはアメリカで開発され人気を博し今では日本でも購入可能です。高いですが・・。ただその効果は期待してもよさそうで、大塚美容外科を始め多くのクリニックで使用されています。

それもそのはずアメリカのFDA(米国食品医薬品局。日本で言う厚生省の一機関)で認可されているとの事。

疑り深いささやんがFDAのサイトで調べた所ちゃんとヒットしましたので本当のようです。

hairmaxfda

 これならこの価格も納得・・・はまだしてないけど。イギリスのクリニックではレンタルもしているそうで、早く日本でもそうなれば良いですね。

広告では臨床試験で93%の成果が出たとなっていますがこれについては賛否両論です。

ただ皆さんヘアマックスを使用しているのかと思いきや3,000円くらいの中国製(それ只のライト付ヘアブラシ・・・)を使っていたりする人もいるのでレーザー育毛を本当に試しているのか怪しいです。

というのも世に出回っているレーザー育毛器は色々ありますがFDA認可を受けている商品はほとんどありません。

その点ヘアマックスはFDAのお墨付きですのである程度の信用性は保証できると思います。

価格もよくよく考えたら育毛剤にしろ、医薬品にしろずっと続けなきゃいけない物ですので長期的、というか一年も使えばヘアマックスの方が割安にはなります。

本当に生えるのであれば副作用もないし良い事尽くめなのですが。

注意としましては完全に毛根が逝ってしまった方には不向きです。薄くなってきたと危機を感じている方やまだハゲきっていない方が良いと思います。

早ければ早いほどレーザー育毛の効果はあると言われています。消耗品でないという特性を活かして早めの育毛を始めては如何でしょうか。

30日間返金保証もあるみたいです。

詳しく見てみたい方はコチラ

Share.

記事作成者

ささやん

自由を愛するダメ人間 アラサー(汗

コメントフォーム