このエントリーをはてなブックマークに追加

【マスターピース】NcPAの商標権を持つSANSHO株式会社の社長への インタビュー が行われました!後編

0

〈1〉〈2〉

安心な成分

 

スキンケアのお話になりますが、今までの所、NcPAを配合したことによる副作用や炎症や肌荒れの報告は7年間の販売期間でただの一件もございません。

現在、様々な会社でNcPAを配合した化粧品を販売して頂いておりますが、どこからもそのような声はございません。

ですから相性の悪い成分はほとんどないと考えて頂いて良いかと思います。

____今回のメスリ先生の原料も天然成分で優しい成分を中心に配合しておりますので、新成分のNcPAが配合されても安心感が変わることはないという事ですね。

実際にNcPAを配合して頂いているシャンプーメーカー様はエステも運営されているのですが、お客様の中に、シャンプーを髪だけでなく体や顔など色々なところに塗って使っている方もいらっしゃるそうです(笑)

実はNcPAは、我々の体内にもごくわずかに含まれているのです。

106471_1

地球上の生物すべてを調べたわけではありませんが、お茶の水女子大学を中心とした研究チームを中心に検証した動物、 例えば、マウス、犬、昆虫、微生物などがNcPAを持っていることがわかっています。

生き物によって結合している脂肪酸の部分だけが少し違いますが、化学構造の基本骨格は全て同じです。

つまりNcPAは、生き物がもともと持っている重要な成分だといえると思います。

現在更に研究を進め、年齢分布に応じてNcPAの質や量の変化を調査しております。 こちらに関してはまもなく結果が出てくるだろうと思います。

____そうなんですか!我々の身体にも微量のNcPAが含まれているとは知りませんでした。

こういったことは、研究の中で徐々に解明されていくものです。

これは論文になりましたが、私どもが試験管の中で使った皮膚線維芽細胞は、当初は若い世代の細胞或いは生まれたばかりの細胞を使用していました。

しかし、年を重ねた高齢の方の細胞を使用して実験し、その線維芽細胞にNcPAが触れると、若い細胞と同じようにヒアルロン酸を出すという事が分かりました。

それも若い細胞と同じくらいの量を出すのです。

106471

高齢の方がNcPAの配合された化粧品や養毛剤を使用することによって若い方と同じように、ヒアルロン酸の恩恵にあずかることが可能だということが実証されました。

こちらも非常に大きなインパクトになるのではないかと考えています。

 

人間の体内にも微量のNcPAが含まれているとは知りませんでした。体内に存在する物質という事なら副作用が少ないのも納得できますね。

NcPAを配合して頂いているシャンプーメーカー様というのはバランスシリーズを手掛ける「美容室JUN」さんのことだと思います。

バランスローションの説明分を見ると「ヒアルロン酸の産生、保湿効果、肌のハリ改善、脱毛予防、育毛促進効果、顔にはもちろん、頭皮や髪、体にと全身に使えるローションです。 」と記載があるので、本当に髪だけでなく身体にも使用できるようですね。本当のオールインワンとはまさにこのことですね(笑)

医薬品としての展開

 

今後は医薬品でもしっかりと展開していきたいと考えております。

皮切りとしてまず膝関節症の治療薬を開発しました。

国内2500万人の患者の内、病院に行っているのはたった800万人程と言われております。

cPAに様々な効果があるという事がわかってまいりましたので、今後適応を広げて行けるのではないかと考えております。 今、良い薬が(世間に)ありませんから。

インタビュー

サプリメントやヒアルロン酸注射などの療法がございますが、例えばヒアルロン酸注射は日本でこそ、医療として認められていますが海外では医療機器(デバイス)としてしか認められておりません。

それから、多発性硬化症という免疫に関わる症状にも効果があるとわかってきました。

こちらは日本では割と患者さんが少ない病気なのですが、お茶の水女子大学の基礎研究ではNcPAの有用性が証明されつつあります。

化粧品と医薬品、2つの道でこのNcPAを発展させていきたいと考えております。

____本当にNcPAは様々なところで活用されているのですね。ところNcPAの「c」が小文字で表すのはなにか特別な意味があるのでしょうか?

もともとCPAですと公認会計士などを表す略語で既に存在しています。

ですから他と差別化でき皆様に広く認知して頂けるよう、あえて「c」のみ小文字にいたしました。

apple

尚、頭文字の「N」は自然を意味する「Natura/ナチュラル」と「ナトリウム塩」のNaから取っています。

日本と台湾、韓国では既に商標を取得済みです。中国でも商標を取得申請中で近いうちに認可される予定です。

____iPS細胞の「i」がApple社のiPodやiPhoneのように幅広く認知されてほしいとの願いから、あえて「i」を小文字にしたそうですがNcPAも同様に認知度が高まり、化粧品、医薬品、分け隔てなく様々なところで活躍されることを期待しております。

 

一つの成分を医薬品と化粧品という異なる2つの分野で研究開発していくという事は、簡単な事ではないと思いますが 2つの切り口で研究を進めるという事は、お互いに切磋琢磨しより優れた成分へと昇華できるでしょう。

既に変形性膝関節症の治療薬としての臨床第1相試験INDがFDA(アメリカ食品医薬品局)を通過していたり 2ccPA特許(関節治療薬用途特許)を各国で取得するなど、相応の成果を挙げられているようです。

もちろん、国内の育毛特許も取得されています。

開発での苦労

 

____NcPAが化粧品として世に出るまでに様々な苦労をされてきたことだと思います。どんなところが一番大変でしたか?

今でも、様々な苦労がありますけど(笑)

一番苦労したのはやはり、粘菌からほんのわずかしか採れない成分をどうやったら大量生産にまで持っていけるのかという事だと思います。

大量生産にまでたどり着くプロセスがとにかく大変なものでした。2年近くもの間、様々な思考錯誤を繰り返しました。

経費は嵩み続け、もしこれが大量生産できなければ世に出すことすらできないという不安がありました。 この成分自体が、前例無いものですからパイオニアとしての信念を持つことに必死だった。

そんな中で特許も取得しながら、なんとか製造方法を確立していきました。

なにより室伏先生が喜ばれたのは、100グラムの粉末を先生にお見せした時です。

107075

なにしろ最初、たった2ミリグラムしか採れなかったNcPAですから。

その時の先生の感激が非常に強く印象に残っております。

____室伏先生もさぞ感動されたことでしょうね。

室伏先生は、私どもが会社を立ち上げたときに先生がご自身で発見されたもの(NcPA)を、託して下さったんです。

発見されたものは学者の財産です。ですから、もう必死になって先生に少しでも恩返しがしたいと頑張って参りました。

NcPAのトライ&エラーは様々な検証が繰り返される中で行われてきたと言えます。

最初の頃は粉末にするだけでも大変だったんです。粒子が非常に粗く、潰していくのも一苦労でした。

しかし、技術改良というのは不思議なもので、様々な思考錯誤の中で、ある日突然パッと粉末になる条件が見つかるんです。 そこに至るまでは相当に色々な失敗や工夫を繰り返しています。

でも、こうしてブレイクスル―する瞬間というのは本当に気持ちの良いものですね。

 

我々は製品となったものを購入して使うだけなので、普段あまり感じませんが実はこんなにも細かい部分での苦労があるんですね。

最初にシャーレ2700枚からわずか2ミリグラムしか採取できなかったという話を聞いた分、100グラムという数字がどんな大きな数字か分かります。

実に5万倍です!室伏先生が感激されるのも頷けますね。

このような研究が進められたのも、室伏先生とSANSHO株式会社の深い繋がりがあったからこそと言えるのではないでしょうか!

育毛剤の未来

 

____ここまで、長い間お話をしていただきありがとうございます。最後にNcPAにかける想いと育毛剤の今後についてお話頂けたらと思います。

2008年に私がこの会社を興す際に、cPAに絞り事業をやりたいと室伏先生にお話して全てが始まりました。

1月で丁度10周年を迎えます。

まだ若い会社であり、この物質(NcPA)が市場に出始めたのも2012年の事ですので、まだまだこれから様々なことに挑戦していきたいと思っております。

原料を取り入れて下さっているメーカーさんも、高い原料コストにも関わらず、よくNcPAの良さを理解し利用して頂き本当に感謝の念に堪えません。

これから全体量が増えて行けば、コストもより安く提供できるようになると思います。

line

現在、世の中にはたくさんの育毛剤が日々発売され、メディアを賑わせております。 その中には、到底これで養毛出来る代物ではないと思うようなものが少なくありません。

その中で今後、科学的見地からも、NcPAが配合された養毛剤は貴重なものになるだろうと確信しております。

そういった信念のもとに事業を進めており、様々な素晴らしい企業様、素晴らしい方々に支えられて、また室伏先生にも後押ししていただいてここまでやってくることが出来ました。

我々は技術屋の集団ですので、成分開発などには長けていると自負しておりますが、製品企画や営業などにはあまり慣れていない部分もございます。

本当に、メーカーの皆様には感謝してもしきれないほどです。 是非、ご使用頂き私どもの想いを感じ取って頂ければ幸いです。ありがとうございました。

インタビュー 編集後記

 

以上、SANSHO株式会社様のNcPAに関する インタビュー でした!

それにしても、当初NcPAがミノキシジルの2.5倍の育毛効果があると騒がれた時は眉唾ネタかと思いましたけど ここまで学術的に裏打ちされた成分だったとは…。

マスターピースはNcPAを基準最大分量配合した初めての育毛剤です。

main_3423.fit-scale

そういう意味ではこのマスターピースがNcPAのチカラを実感できる最初の育毛剤と言ってもいいかと思います。

一般販売もされると思いますけど、現時点ではいつ発売される等の公式アナウンスがありませんので 気になる方はマクアケ(クラウドファンディング)に申し込んでおくのが吉でしょうね。

どちらにしてもマクアケ限定のリターンや価格設定なのでこちらで買う方がお得です。

マスターピース公式サイトはこちら

 

はじめに戻る

〈1〉〈2〉

Share.

記事作成者

発毛君

コメントフォーム