このエントリーをはてなブックマークに追加

自分では分からない頭皮のにおい!冬こそ大事な頭皮ケア!

0

こんにちは!フラワーです。

以前から抜け毛が気になっている主人ですが、昨日は主人の頭(地肌のにおい)のにおいが気になりました・・・・。におい問題といえば、春~夏にかけてじゃないの?!
いいえ…これが意外や意外!実は冬の頭皮のほうが臭っているんです!これは頭皮に限った事ではなく体臭全体に対していえることです。
ここでは頭皮を中心にお話しさせて頂きますが、気になる頭皮のにおいの原因としては“冬の皮脂のにおいは汗では流れない”という問題があるんです!
一般的には、夏のほうが皮脂が過剰に分泌されているように思えるのですが、夏も冬も皮脂の分泌量はさほど変わりがないのです。返って夏は多量の汗をかくので頭皮の皮脂が流れやすくなります。
汗をかかない冬の季節では、外の気温が下降していますので、頭皮の皮脂は根元で硬くなってしまいにおいの原因となってしまうようです。

冬の乾燥が皮脂の分泌を過剰にしている!?
日本の冬は非常に乾燥しています。室内で暖房器具を使えば、さらに乾燥します。乾燥で敏感になった頭皮に、自身の合わないシャンプーや夏用の脱脂力の強い爽快感重視のシャンプーの使用などで余計に頭皮が乾燥し、頭皮はその乾燥から守ろうと過剰に皮脂を分泌してしまっている、という悪循環ができてしまています。
対策としては、少し面倒にはなりますが“夏と冬にはシャンプーを衣替えする”ことをオススメしています!
私も乾燥には非常に敏感で、夏によかったシャンプーは冬にはパサつく感じがしますし、逆に冬に調子良く使っていたものは夏にはベタつく感じがして気持ち悪いので使い分けるようになりました。それからは、そこまで季節の髪質が気にならなくなりました。

不潔な防寒具で髪と頭皮が汚れている!?
夏は汗もかくのでマメに帽子を乾かしたり洗う方が多いのですが、冬の帽子は洗わない人が多いんです。冬は汗もかかないので衣類のにおいも夏ほどは気になりません。冬物の帽子はニット帽など手洗いの必要があったり面倒だ、ということもあります。しかし、せっかく髪と頭皮を清潔にしていても、よごれた帽子を被ってしまっては全く意味がありません。冬も帽子やフードつきパーカー、コートなどもマメに洗濯することを心掛けましょう!

Share.

記事作成者

FLOWER

コメントフォーム