このエントリーをはてなブックマークに追加

【連載一回目】 バイタルウェーブ を作るセラピュア本社に突撃取材敢行!!常識を覆す「鉱物」の処方とは?

0

先日発売されたばかりのキャピキシル×リデンシル×EGFの育毛剤「 バイタルウェーブ 」

色々と調べて行くうちに バイタルウェーブ はじめ、ケフトルシリーズなどにも使われているある「石」の存在が明らかになったのです。

バイタルウェーブスカルプローション体験!新成分で革命が?!

その石の存在がどうしても気になった我々発毛ライフスタッフは 誰が言い出したのか「いつもの軽いノリで取材申し込んでみようよ」という流れに笑

そこでセラピュア本社に色々とお伺いすべく取材申し込みのメールをすると・・・

 

あっさりOKをいただきました!ヾ(*・∀・)/

 

何事も頼んでみるものですね。

それから数日。8月某日、三軒茶屋にあるセラピュアビルに乗り込んできたのです。

ガラス張りの清潔な印象のビルの最上階にある応接室に通して頂いた我々。
そこでお話頂ける方の登場を待ちます。

いままで色々な会社さんの取材を行って参りましたが、一番緊張する瞬間ですね(;^_^A

登場されたのは開発責任者の須藤さん。

バイタルウェーブ

予想以上にお若くて笑顔の素敵な方でした。

こちらが質問するまでもなく バイタルウェーブ から例の石のお話までさまざまなお話をして頂きました。 以下はその時の内容になりますので、よろしければ最後までお読みください!

セラピュアは設立26年目

 

もともと、セラピュアは「活性石」を長年研究されている先生と共に色々な製品を作ってきました。

活性石ベントナイトやモンモリロナイトというのは特定のエネルギーやミネラルを多く含んだ鉱物の事で、膨潤性や被膜性に富んでおり高級化粧品等に配合されるものです。

バイタルウェーブプラスイオンを帯びている水、油などの有機物を引き込んだ際に30倍以上にも膨らみ、フィルム状の1ナノ程の薄い被膜を形成する。モンモリロナイトのイオン交換について
wikipediaより

 

————研究というのは具体的にどういったものになるのでしょうか。

活性石を使って植物や野菜の病気を治したり、一つの木により多くの果実を実らせるなどの研究が出発地点です。

そこで、予想以上の効果を上げたのでそれを今度は人体に有効活用できるのではないかと 化粧品や食品へと発展させていきました。

活性石が採取できる場所は磁場が強い地域で、その辺り一帯は草木等の生え方が周りと全く違います。

少しでも期待できそうだと思う場所の多くにボーリングを打って地下数十メートルの岩石を採掘します。その中から、最もエネルギーの強い石、またそれぞれの役割に最も合った石を選んでいくというかたちです。

————どのあたりに多く存在しているのでしょうか。

特定の場所はなく全国に存在しています。場所を詳しくお伝えすることはできませんが、特に信州地方の特定の山岳地帯には多いですね。

現在、セラピュアで展開する一部の商品にはこの活性石が使われています。

バイタルウェーブ

その中でも最も注目を集めた商品が、弊社の定番商品「ケフトルクリーム」です。

バイタルウェーブ


【ここで、ケフトルクリームを使用した様々な症例(ビフォーアフター)を見せてもらいました。】

 

————こういった症例を製品ページに掲載すればすごい反響があるんじゃないですか?

バイタルウェーブ

残念ながら、インターネットではビフォーアフターを乗せてはいけないという基本的なルールがあんです。

もちろん、掲載してしまっている会社もあるのですが…。

このケフトルクリーム、当時は薬事法が余り厳しくなくて、フジテレビなどのニュース番組にて「奇跡の養毛剤」として何度も取り上げていただきました。

バイタルウェーブ について

 

main_vwimg-300x195

はじめに バイタルウェーブ のコンセプトは、

『医薬部外品では配合できない最先端科学スカルプ成分を、最良と考えられる配合量と組み合わせで配合した、育毛と薄毛の改善を目的とした頭皮の美容液』です。

今回のバイタルウェーブは、自律神経治療のスペシャリスト永野剛造先生に監修して頂いております。

永野医院のホームページを見てもらえばわかると思いますが、薄毛治療に於いても知る人ぞ知る病院です。 円形脱毛症の患者さんたちの間では、口コミで永野医院に行けば治るよとなっているほど。

ホリスティック医療関係からの縁ある引き合わせで、永野先生から活性石の持つパワーにご興味を頂いたことがきっかけで共同開発をして頂ける運びとなりました。
先生は以前からケフトルをご存じで、鉱物の持つ薬理効果に関しても非常に深い知識をお持ちでしたので、活性石の有効活用を目標としたヘアケア製品で成果を出してきた弊社との共同開発に至る合意は非常にスムーズでした。

それで実際に、活性石を先生の病院まで持って行ってエネルギー検査器などにかけ、検査・研究をして頂いたところ

「頭皮の波動と共鳴するエネルギーを持っている。これは凄いものだよ。」

と先生自身も大変驚かれていました。

ただ、バイタルウェーブに関しては活性石だけではなく、まず主成分となるキャピキシル・リデンシルまたEGFをはじめとした各成長因子群に比重を置き、徹底的に成分の親和性や相乗効果を研究して配合しております。

エビデンスの揃った高い育毛効果が期待できる有効成分同士の相乗効果を起こさせること。そして患者さんの髪の毛の悩みを解決させる。これが弊社そして先生の共通した目標です。

永野先生も、病院で患者さんにお渡しするので絶対に効果は出したいということでしたので、ありとあらゆる成分を用意し、考えうる限り最良の育毛剤を作ろうということになりました。

頭皮に対して本当に良いエネルギーを持つ成分だけを配合しよう!逆に負のエネルギーになりえるものは除外しよう!という理念のもと、ロゴデザインやボトルの材質にまでこだわりました。

 

———— バイタルウェーブ の配合成分はどのような基準でお決めになったのですか。

一度、検討すべき成分を全て永野医院に持ち込んで、エネルギー検査にかけ取捨選択していったんです。

そこでエネルギー値の低いものは根こそぎ落とされましたね。

例えば、育毛成分として今ではどの育毛剤にも当たり前に配合されているセンブリなんかもエネルギー検査で落とされています。

バイタルウェーブ

そんな中で、キャピキシルやリデンシルが非常に高い数値を出したんです。

この2つの成分については先生も強く推奨していらっしゃいます。

先生の最大の目的は、自分の病院に訪れる患者さんたちの髪を生やすこと。

先生は売ることよりも、本当に生えるもの、凄いものを作りたいという気持ちが凄く強かったんです。

バイタルウェーブは実際に永野医院でも販売されていますから。

 

————モンモリロナイトについて教えてもらえますか。

モンモリロナイトは鉱物の種類でドロ状の物質です。

先程申し上げたエネルギー検査で、エネルギーは 1~6までのレベルで表すことが出来るのですが

モンモリロナイトは4~5のレベルを持っています。

活性石については当然レベル6です。

モンモリロナイトを使用すると皮膚の表面に薄い被膜を作り有効成分を取り込んでくれるんです。 ですので、モンモリロナイトを使う事でより長い時間成分を沈着させることが可能になるのです。

mon5

またミネラルが豊富に含まれているため、その観点でも人体にポジティブに働きます。

モンモリロナイトも、先生のご判断で配合されました。活性石と共に非常に希少な原料です。

mon2

尚、沈殿しやすい成分ですので、良く振って使用するようにしてください。

モンモリロナイトについて詳しく知りたい方は⇒粘土科学研究所

logo_nendo


まだまだお話は続くのですがこの時点でかなり長くなってしまっているので続きは来週にしたいと思います。

それにしても、一つの成分に対してのこだわり方が尋常じゃありません。

我々は、なんとなくリデンシルやキャピキシルの原料配給メーカーでありマツモト交商さんのPDF等で情報を得たり成分のエビデンスを

理解したようなつもりになっていたのですが、一つ一つ成分を検査して配合していったというのが素晴らしいですね。

それにしても、キャピキシルとリデンシルはやはりマツモト交商さんのPDFどおり、相乗効果がかなり見込めそうですね。

来週は バイタルウェーブ を更に深い所まで探っていきますので、どうぞお楽しみに!!

バイタルウェーブ スカルプローションの公式サイトはこちら

◆続きはこちら⇒【連載二回目】バイタルウェーブを作る セラピュア 本社に突撃取材敢行!!ただ効果を出すことだけを考えて。

Share.

記事作成者

発毛君

コメントフォーム