このエントリーをはてなブックマークに追加

「化粧品開発展 Cosme Tech2016」イベントレポート第二回目!ヘアケアブース紹介!

0

前回⇒美容の祭典「化粧品開発展 Cosme Tech2016」がビッグサイトで開幕!!イベントレポート第一回目

今回のイベントの一つの目的であったヘアケアブース。

そんな中で、一番の注目はなんといっても「エスロッソ」さんのブースでしょう!!

そうです、あの ボストンシリーズで育毛業界に旋風を巻き起こしている会社さんです。

【関連記事】
BOSTON 育毛剤「ボストンスカルプエッセンス」はキャピキシル+ピディオキシジル配合
34ページに込められた想い、薄毛を克服した男の著書が凄いと話題に
育毛剤対決企画~第3弾~前日談

発毛ライフも対決企画に始まり、工場見学、突撃インタビューなどかなりお世話になっておりました。 そんなエスロッソさんが今回化粧品開発展に初参加という事で、大変楽しみにしておりました。

エスロッソさんのスペースに到着しました!!

cosme32
お洒落なブースですね!

cosme35
エスロッソの会長と記念撮影!

脂解美茶

スペースにて会長がお飲みになっていたのがこちらの「脂解美茶」というもの。

1

普段から結構いろいろなお茶を飲むほうなのですが、知らなかったので聞いてみると、 一蘭というラーメン屋さんのオリジナルのお茶だそうです。

一本250円と、500mlのペットボトル茶としては高価なものです。会長はこれを気に入っていて一蘭に行くたびに飲んでいて、先日ついに箱買いしてしまったそうです(笑)

でも家に帰って飲んでみるとお店で感じたほど美味しくなかったそうな…(苦笑)。ということは一蘭のラーメンにあってるんでしょうね。

cosme33
育毛剤も同じで、成分の組み合わせで効果が全然違ってきたりっていうのはあります。日々研究ですね!

商品の展開

今回はかなり、女性向けの商品を前面に押し出されていました。 デザインもかなり若々しいものが多く若い方をターゲットにしているのかと尋ねてみると

cosme34

「そんなことはありませんよ。女性は何歳になっても乙女でいたいものですから。」

という爽やかな回答を頂き、こういう方が作っている製品が売れないはずないなぁとしみじみ。。

cosme26

特別、新商品などを出したというわけではありませんが、海外に商品展開を行う予定ということで その足掛かりとしてのブース出展だったようです。

確かにブースには海外から見えたと思われるお客様が大勢おりました。 なんでも、台湾はじめとしたアジア圏では今、日本の育毛剤がブームなんだとか!

cosme27
今後海外でもボストンシリーズがブレイクするかもしれませんね!


エスロッソさんのブースを後にした我々の目に次に飛び込んできたのは

cosme30

「スーパーミリオンヘア (SUPER MILLION HAIR)」さんのブース!!

ところで皆さん、スーパーミリオンヘアってご存知ですか。

スーパーミリオンヘア公式サイト

“髪を生やすのではなく、髪を増えたように見せる画期的な商品。気になる部分を10秒でカバー。”

という謳い文句のふりかけみたいなアレです。

ブースの前でなんと社長自らがモデルとなり実演しておりましたが、凄い!!

jak.gif

jak.gif

ちょっとパッと見じゃ気付かないですよ。。

cosme37cosme36

この差です!

振りかけては取り、振りかけては取り…。人だかりができてました

これ毎日つけるのは結構面倒くさそうですね(;^_^)

毎日つけないとすぐばれてしまいますが。。


次はボストンスカルプエッセンスに入ったことでも話題になったノーベル賞受賞成分 「フラーレン」をメインで研究している ビタミンC60バイオリサーチ(株)さんのブースにお邪魔します。

cosme25

なんと今回の化粧品展で、こちらのバイオリサーチさんが、最新のフラーレンの研究成果を発表されるのです!!

ブースで研究者の先生にお話を軽く伺ってから、講演会に臨みます。

今回発表される新しいフラーレン「モイストフラーレン」は従来のフラーレンに比べて浸透性が高く、角層水分量増加の効果や肌弾力性改善が望めるという事です。

cosme31
資料も頂いたのですがなるほどわからん状態…! 来週は「フラーレン」の研究成果発表をまとめてみたいと思います。上手くまとめられるのか、かなり心配ですが…。。

理系の方はお楽しみに!?

◆前回⇒ 美容の祭典「化粧品開発展 Cosme Tech2016」がビッグサイトで開幕!!イベントレポート第一回目
◆続き⇒ 「化粧品開発展 Cosme Tech2016」イベントレポート第三回目! フラーレン の最新研究発表 セミナー講演拝聴

Share.

記事作成者

発毛君

コメントフォーム