このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の薄毛に挑む

0

将来的に女性の60%は薄毛に悩まされるという話があります。

今、目の前にある脅威に私たちはどう対処していけばいいのでしょうか?

もちろん日々の健康を気を付けることは当たり前です。

過度のダイエットなどでいきなりゴッソリ逝ってしまったでは目も当てられません。

その他に現在利用可能な女性が扱えるツールはなんでしょうか。いくつか紹介していきたいと思います。

局所用育毛液

男性は誰でも知っている物でミノキシジル(商品名ロゲイン)がある。

女性の脱毛のための唯一のFDA承認薬で2〜5%の含有量で使用可能です。

一日二回、頭皮に塗布しマッサージ。大体6か月の使用で毛髪の再生が実感できるというから

男女共に心強い味方であることは間違いないようです。

国内ではリアップが有名だが、こちらは1%の含有量の為、

出来れば高含有量ロゲインを個人輸入などで入手しておくのも一つの手ではあります。

しかしながら高含有だからといって育毛成果が上がるということでは無い

ようなので個人に合った育毛剤を見つける事が大切でしょう。

処方薬

スピロノラクトン(商品名Aldactone)とフィナステリド(商品名プロペシアとプロスカー)は、

閉経後の女性に海外では適応外処方することができ、抗アンドロゲン薬です。

しかしこの薬は先天性欠損症を引き起こす可能性があるので妊娠可能年齢の女性には使用は不可能。

こちらも国内での処方は不可能なので個人輸入がいいでしょう。

上記の事からわかるようにホルモンの働きに作用するものなので安易に手を出せる物では無いが

現代の育毛剤では一定の地位を築いている為覚えておきたい。

植毛!?

植毛、手術となると思わず二の足を踏んでしまいますが、場合によっては考えなくてはいけません。

海外ではメジャーな施術として注目を集めているようです。

皮膚科医ウォルターアンガー博士率いる毛髪移植外科医の調査では、

女性の半数以上が女性型脱毛症を持ち女性の少なくとも40%が植毛の必要性

があると述べたといいます。これらの医師の多くは、薄毛を持つ女性の80%の悩みを解決できると述べていますが、

手術には高額な医療費がかかりますので庶民には現実的ではありませんね。

何とか安く済ませたい

今ではよく見かかる女性用の増毛スプレーはいかがでしょうか。さっと朝出かける時にでもスプレーして薄毛を隠せます。

原理としては簡単で、マスカラと同じように毛髪のまわりをコーティングして毛を太く多く見せます。

もちろん根本的な解決にはなりませんが、比較的安価に対処できる方法ではあります。

こちらは多くの商品が発売されていますので、今後の一手を考えるまでの時間稼ぎには最適かと思われます。

諦めないで未来は明るい

中々頭を抱えがちな女性の薄毛ですが、今後の未来は明るいです。

一部の医師達はは、毛髪の成長を刺激するために、多血小板血漿(PRP)を活用する研究を盛んに行っているという。

患者自身の血液から分離した血小板は、毛幹を刺激する成長因子を放出するというのだ。

また新たな局所頭皮脱毛治療がFDAの承認のための現在臨床試験中であるとの事。

これは、今後数年間で利用可能になる予定だという。

技術は進化して女性ハゲにも新たな光が見えてきている。

一番大事なことは最後まで諦めず抗い続けることではないでしょうか。

Share.

記事作成者

ささやん

自由を愛するダメ人間 アラサー(汗

コメントフォーム