このエントリーをはてなブックマークに追加

これで安心!朝のガンコな寝癖とさようなら!!

0

こんにちは!フラワーです :-)

昨日に引き続き寝癖第二弾!
何をやっても治らない頑固な寝癖。朝の時間を有効にするには最初から寝癖がなければいいのがベストですよね。
寝方を気を付けるだけで寝癖がつかくなる方法とはどういったものがあるのでしょうか。

眠る前のケアや眠り方で、寝癖をつけないようにすることができる

まずはお風呂あがりの髪を十分に乾かすことが重要となります。
これは寝癖対策の基本中の基本です。
濡れた状態の髪は、寝癖がとても付きやすくなっていて、濡れた状態から乾く間にクセは定着します!
つまり中途半端に湿った状態で寝るからこそ頑固な寝癖がつくのです!しつこいようですが、髪の毛はしっかりと乾いた状態で眠りましょう。
ドライヤーによる髪の傷みが気になる方は、自然に乾くまで待ってから眠りましょう。

髪の毛は動くことによって寝癖が付きやすくなるので「髪を固定」する

・ロングヘアの場合
ロングヘアの方におすすめしたいのが、軽くしばって眠りにつくことです。
ロングだと髪の毛があちこちに散らばりやすく、寝癖も付きやすいので縛っておけば寝癖もつきにくくなります。
ただしきっちりと縛って眠るとゴムの跡がつくので緩いゴムやシュシュを使うか、ゆるーく三つ編みにするのがおすすめです。
・ミディアムヘア
ミディアムの方ならカーラーがおすすめ!眠るときに付けられるスポンジタイプのカーラーを使うと睡眠の邪魔になりません。
・ショートヘア
ショートヘアなら全体を固定するのは難しいので、前髪や後頭部の少し長さのある部分だけでもカーラーを巻いて固定しましょう。
またメッシュタイプのキャップもおすすめです。
よくマンガなどでおばさんがかぶっているのを見ますよね!就寝スタイルの見た目を気にされない方はメッシュなら通気性も良いので蒸れず、クセをつきにくくしてくれるので寝癖対策には有効です。

枕の高さや柔らかさにも注意!

寝癖が付く原因のひとつとして枕があることは昨日の記事でもご紹介しましたが、枕の角度や形によってもクセができてしまうことがあります。
もしもいつも決まった場所に寝癖が出来ると言う方は枕を変えることで改善されるかもしれません。
寝癖が付きにくい枕は、低反発タイプです。これなら頭の形に応じて枕が形状を変えてくれるので、頭が固定され、寝癖がつきずらくなります。
私のおすすめは、懐かしのストロー枕です。パイプ枕とも呼ばれている(むしろこちらが一般的?)あのシャリシャリしているのです!
なにが良いのかと言うと、いっぱいの状態から少しずつストローをぬいて、自分の頭がフィットする形に何度でも調整が可能だからです。
ベストな形になると、頭が完全に固定されますが、枕のなかに入っているものは空洞のパイプなので熱くならず、常に空気が循環していますので、頭皮にも良いんです♪
以上、色々とケア方法をご紹介しましたが、本当に寝癖ひとつで一日の気分も変わるものです。
ヘアケアに時間をかけなくて済むと、時間に余裕も生まれ、気持ちに余裕もできますよね ;-)
今の状態で寝ていいものなのか、これを機に見直してみてもいいかもしれないですね♪

寝癖ケア第一弾の記事はコチラ

Share.

記事作成者

FLOWER

コメントフォーム