このエントリーをはてなブックマークに追加

スヴェンソン と徳島大学の共同研究成果で特許を取得!ミノキシジルを上回る研究成果の真相は!?

0

医療用ウィッグやファッションウィッグなど数々のカツラ事業に携わる スヴェンソン ですが、 最近ではトリートメントやシャンプーなどヘアケアコスメも数多くリリースしております。

pic_recruit_01

そんな大手スヴェンソンがついに育毛剤事業に乗り出してきた!?

先日リリースされた情報によれば、徳島大学との共同研究により、5成分も育毛に関する特許を取得したのだそうです。

大学との共同研究ということももちろんですが、一気に5成分も特許を取得するとはかなりホンキのようですが、、果たしてその真相はどうなのでしょうか。

民族伝統薬物に関する研究結果をもとに育毛に関する特許取得

スヴェンソン

ヘアケアメーカーの株式会社スヴェンソンは、徳島大学大学院医歯薬学研究部 柏田良樹教授との共同研究「民族伝統薬物に関する研究 -チャーガ由来の発毛・育毛活性成分の探索研究-」(2018年5月発表)の 研究成果である5種の育毛促進成分及びそれらを有効成分とする育毛剤等が2019年9月13日に特許(特許番号:6582322)を取得したことをお知らせいたします。

prtimes.jp

まず今回の特許取得は以下の5成分だそうです。

・毛乳頭細胞増殖促進剤
・線維芽細胞増殖因子-7(FGF-7)毛乳頭細胞増殖促進剤
・血管内皮増殖因子(VEGF)産生促進剤
・インシュリン様増殖因子-1(IGF-1)産生促進剤
・肝細胞増殖因子(HGF)産生促進剤及び育毛剤の2種


FGF-7とかVEGFとかっていわゆるグロースファクター(成長因子)ですよね。

今までも様々な育毛剤にブースターとして配合されている成分なのですが、何故今更特許が取得できたの?とシンプルに疑問です。

そこで、誰でも特許の情報を取得できる特許情報プラットフォーム「J-Plat Pat」にアクセスして調査をしてみました。
※特許番号:6582322を入力すると特許の内容を詳しく閲覧することが出来ます。

J-Plat Pat

もちろん、これは開示情報ですので誰でも閲覧可能です。

調べてみると、まじでミノキシジルとの比較検証が特許項目に載っているんですよね。

JPA1019004479_i_000061

凄くないですかこれ?
実際にミノキシジルとの臨床データが特許要項に掲載されるのってあまりない事だと思います。(仮にも第一類医薬品ですし…。)

ただ、注意したいのが実際に頭皮や人体で検証したデータではなく、あくまで毛乳頭細胞の増殖率を検証した結果の様です。

キャピキシルも毛包成長効果がミノキシジルの3倍あるという事ですから、それに近い感覚かもしれません。

⇒キャピキシル特集はこちら

それでも第一類医薬品であるミノキシジルとの比較データが、堂々と特許の詳細な図画に記載されているのは驚きです。

何故FGF-7が今更特許を取得できたのかという点について、超膨大な特許の請求範囲を確認するのは至難ですが、

最後の【請求項9】の部分に「前記有効成分が、カバノアナタケからの抽出・単離により得られる、請求項3に記載の線維芽細胞増殖因子-7(FGF-7)産生促進剤。」と記載されています。

つまり、カバノアナタケからの抽出・単離により得られたFGF-7のみが、産生促進剤としての特許要項になるような感じですね。

実際問題、書いてあることが難しすぎて、自分もどこまで理解できているのか怪しいところです。笑

育毛剤として効果が見込める成分なのか?

q

特許の内容はさておき、重要なのは本当に効果があるのか?という部分ですよね。

確かに画像では「毛乳頭細胞」の増殖率や増殖促進率がミノキシジルを上回っています。

ただ、イコール効果が高いかどうかについては正直なところ、使用してみるしかないですね。

マスターピース育毛剤に配合されているNcPAという成分も国内の原料メーカーが特許を取得しており、こちらはミノキシジルの2.5倍の育毛効果と発表されておりました。

純粋に育毛(発毛)効果で考えるとNcPAの方が期待値は高そうに感じますが、個人差もある部分なので、予算が許せば比較してみたいところですよね。

⇒マスターピース特集はこちら

発毛ライフでマスターピースを詳しく見る
マスターピース公式サイトはこちら

スヴェンソン ×徳島大学 発表のまとめ

今回のニュースはまだ情報が新しく、あまり記事にされているブログやSNSでの反応も見当たりませんでした。

実際まだ特許取得の段階ですので、これから育毛剤などが発売されれば一気にバズる可能性もあると思います。

また新しい情報が入ったらどんどん追記していきたいと思います!

Share.

記事作成者

発毛君

コメントフォーム