このエントリーをはてなブックマークに追加

百田尚樹さんのバズツイートから見る薄毛男性の 恋愛 事情…ケアは続けたほうがよさそう…

0

ハゲで知られている作家の百田尚樹さん。

Twitterでも、いつも面白いツイートをしていて、ついついチェックしてしまいます。

そんな百田尚樹さんのツイートが、バズを起こしていて、その内容が薄毛で悩んでいる男性にヒットする内容となっています。

薄毛で悩む人の多くは、「女性からモテなくなるのではないか…」と思っていないですか?

このツイートを見ると、少し励まされますね(ハゲだけに…)。

しかしこの内容は本当なのか、少し気になるところ。

ネタなのはわかっていますが、信憑性を知りたい人も多いでしょうから、女性との恋愛に関して少し調べてみることにしました。

美人は 恋愛 時に男性の薄毛を気にしないデータはないけど…

woman2

男性なら美人に好かれたい…。

百田さんのツイートが、本当だと思われるデータがあれば、薄毛でも報われますね。

ところが色々調べてみたところ、「薄毛でも美人は気にしない」という研究データは、ありませんでした。

残念ですが、薄毛の人は女性との恋愛を諦めてください…。

 

 

なんていうのは嘘です(笑)

実は薄毛に関する女性と恋愛のデータは、意外に多く出回っています。

美人との因果関係についてのデータがなったのは確かです。

しかし薄毛の男性に対して、女性がどのように思っているかわかる情報はたくさんありました。

その情報を中心に、薄毛の男性が異性との付き合い方を紹介しますね。

 

20代女性は隠さないほうがいい意見が60%だった

mail

男性なら、誰でも1度は若い女性と恋愛をしてみたいと思うのではないでしょうか(笑)

そこでまず20代の女性が、薄毛の男性に対して、どのように思っているのか調べてみました。

すると、有名な女性雑誌である「CanCam(キャンキャン)」で、薄毛男性のアンケートをしてくれていました。

ww
「変に隠していてもバレるし、なら隠さない方がいい」「潔く出した方がいいと思う」「市原隼人とか、ウィルスミス風のスキンヘッドにすれば問題なし」など、隠すよりも潔く開放してほしいという意見が多くありました。

※引用:CanCam.jpより

20代の女性は薄毛の男性に対して、男らしく隠さないほうが好感を持ってくれるそうです。

男性目線だと、薄毛の部分を髪型でカバーして、少しでも隠そうとする人が多いですよね!

ところが若い女性は、見た目より性格を重視しているのが、このアンケートだけでわかります。

でもだからと言っていきなりスキンヘッドにするのも、勇気が必要でしょう。

無理に髪型を変える必要はないでしょうから、薄毛でも堂々としていれば、恋愛的には20代女性に嫌がられないと思いますよ。

 

動物の世界では男性ホルモンが多いオスを好む傾向あり

Romantic Jack Russell Terrier dog. Lovable dog is holding a heart to the Valentine's Day in the mouth

急に堂々としていれば大丈夫といわれても…。

こう思った男性もいたかもしれません。実はこれにはしっかり根拠があるので、試してみる価値はありますよ。

それは動物的な本能が関係しているようです。

そもそも薄毛になってしまうのには男性ホルモンが大きく関係しており、人間も含めた動物は男性ホルモンが多いほど異性から好かれるという研究がすでに分かっているんです!

ww
静岡大学、北海道大学などの研究グループが、鳥のウズラを対象に、メスのオスに対する好みを調査したところ、メスは血中のテストステロン(男性ホルモン)濃度の高いオスを好むことが分かったという。

※引用:ITmedia ビジネスオンラインより

男性ホルモンが多いと、抜け毛が増えて薄毛になるはずです。

つまり薄毛の男性は、自然と女性から好かれる能力は、備わっているのがわかります。

海外では薄毛の男性のほうが好まれると言われますし、自信を無くす必要はありません。

ww
今回は外国人20人に、「ハゲ」が恋愛対象としてアリかどうか聞いてみました。

(以下略)

「問題ない」と答えた人が大半を占めました。 髪がなくなる前に自ら剃ってしまう方もいるようです。

※引用:マイナビニュースより

この結果は、先ほどのデータが人間にも当てはまるのを見事に証明しています。

薄毛を見て男性的な魅力を感じる女性が、意外にも多いわけですね。

 

薄毛の男性にはネガティブな声があるのも事実… 恋愛 には要注意

Emotional moment: man sitting holding head in hands, stressed sad young male having mental problems, feeling bad, depressed, disappointed, hopeless. Desperate man in the dark corner needing help.

ただ、薄毛の男性ならこれを嘘っぽい…と感じる人も多いでしょう。

残念ながらこの直観はある程度当たっていて、他のアンケートなどからは女性が薄毛の人に対してネガティブな印象を感じている人が一定数いるのが分かります。

ww
『残念』(45.6%)という回答が最も多く、次いで『かわいそう』(28.6%)、『生理的にムリ』(8.9%)、『素敵でかっこいい』(2.2%)、『スケベそう』(2.0%)と続きました。

※引用:株式会社ダブルヘリックスのプレスリリースより

意中の女性がいた場合、少しでも薄毛の影響を減らしたい…。

そんな男性の気持ちを報いるためにも、薄毛を毛嫌いしている女性の気持ちを抑える方法を紹介しますね。

  • 薄毛のケアをして進行を止める
  • 場合によっては増毛させる

 

結論から言ってしまうと、上記のように薄毛のケアをしていれば、女性も少しはわかってくれるようになります。

 

ケアをしている薄毛の男性に限る

losing hair

「ケアをすれば大丈夫って…」と、ネガティブに捉えなくて大丈夫!

しっかりケアをしているのが女性にばれても、特に女性は嫌がらないというデータがありました。

薄毛だけど恋愛がしたい男性は、薄毛のケアをして少しでも進行を止めたほうが、少なくとも論外から脱出できます。

ww
一方で、「将来のことを考えて、早めに薄毛対策をしている男性に対するイメージを教えてください」と質問したところ、『まあまあ好感が持てる(42.1%)』と回答した方の割合が最も多く、次いで『とても好感が持てる(28.0%)』『どちらでもよい(27.4%)』『する必要はない(2.5%)』と続き、7割近くの女性が薄毛予防をしている男性に対して、ポジティブなイメージを持っていることが判明しました。

※引用:株式会社ソーシャルテックのプレスリリースより引用

薄毛のケアしている男性に対して、女性は別に嫌がっていないのがわかりますよね?

つまり薄毛ケアをすれば、モテるというわけではありませんが、薄毛が進行しないようにケアをして損はないって話です。

 

増毛したほうが恋愛・結婚の対象になる女性も多い

そもそも薄毛で嫌がる女性が一定数いるから、薄毛の男性は悩みが深くなっているわけです。

そこで増毛してしまえば、恋愛に発展する女性が増えてるかもしれません。

「でもいきなり増毛した男性って、女性から見たらどうなの?」

 

その心配も不要です!

ww
97%の女性が「増毛の男性は恋愛・結婚の対象になる」と回答しました。

理由としては、「自然であれば気にならない」「(増毛をしても)見た目が良くなるならOK」という答えでした。

この結果から、増毛は自然な見た目であれば、恋愛・結婚の対象になることがわかりました。

※引用:株式会社アラン・プロダクツのプレスリリース

アンケートを見ればわかるように、大半の女性は、薄毛よりは髪の毛が多いほうがいいと答えています。

増毛で悩んでいるのなら、女性から見たら、薄毛より好感を持ってくれるはずです。

 

結論:男性は薄毛を隠さずにケアを続けたほうがモテる!

woman

大半の女性は、薄毛を気にしていない男性を好むのがわかりました。

つまり百田さんのツイートにある美人とまでは言わないにしても、少なくとも20台の若い女性は薄毛を気にしていません。

とはいえ、薄毛そのものがNGという女性もいます。

意中の女性がいる男性の場合は、そんな女性から嫌われないように、ケアをしっかりしておきましょう。

  • 健康的な食生活
  • 睡眠をしっかりとる
  • ヘアケア剤を見直して頭皮ケア

 

せめてこれだけを挑戦してみれば、薄毛の進行も変わってきます。

どうしても面倒な人は、いつもの生活に育毛剤を加えるだけでもいいでしょう。

特にマスターピースはミノキシジルの2.5倍の育毛効果があるといわれる「NcPA」を業界最大濃度で配合しており今一番アツい育毛剤といえるでしょう。

女性から嫌われないためにも、自己投資してみてください。

以外にそういう努力も女性は見ているものかもしれませんね!

mp_front
ミノキシジルの2.5倍の養毛作用があるといわれる最新育毛特許取得成分「NcPA」を基準最大分量配合した マスターピース育毛剤
他にもシャハランメスリ博士の厳選した 育毛成分 凝縮で発毛ライフでも注目している製品です。男女兼用なので女性の方にもおすすめできます!
Share.

記事作成者

発毛先生

コメントフォーム