このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛成分 を徹底分析!最新育毛成分はどれを選ぶべき?これであなたも育毛マスター【前編】

0

今まで発毛ライフではおススメの育毛法や育毛剤、シャンプーなどのご紹介をしてきました。少しずつですが「髪が生えた」、「髪が元気になった」等のメッセージを頂き発毛ライフ編集部一同とても嬉しく思います。

『2019最新版 最新育毛 12成分 完全解析+』も非常に反響があり、医薬品バージョンの投稿を待ち望むメッセージなども沢山寄せられました。

発毛ライフに頂いた読者様からのコメント

幾つかご紹介します。※ご本人様からは許可を頂いております。

man

Yさん 40代・男性

育毛12成分完全解析はとても為になりました。
あたかも髪に良いような事を謳っているにも関わらず成分を見たら平凡だったり、余計なものが入っている育毛剤がとても多い事に気が付きました。出来れば医薬品の種類で同じような表があれば自分で納得して使えると思うのですが。如何でしょうか?これからも更新楽しみにしています。

woman

うちわさん 60代・女性

育毛成分って色々あってよくわからない。と考えてしまうのと同時に私が使っている育毛剤は大丈夫なのだろうかと言う事です。
発毛ライフさんがご紹介している、マスターピースを使用しているので大丈夫だと思いますが、他にも使っている育毛剤があります。
自分で調べてみても良く分からなかったので教えて頂けたら幸いです。商品名は(※某育毛剤、伏せます)です。

ご質問の育毛剤を発毛ライフで検証しましたが特に問題なかったので、そのままご使用いただけます。

読者の皆様が普段使っているシャンプー・育毛剤の成分にしっかり意識を向けて頂けたことは、ヘアケアの総合サイトとしては嬉しい限りです。これからもご自身で自分にあった育毛剤を選び、納得したうえでご利用できますよう、少しでもお力になれればと思います。

詳しくは『年代別・原因と対策』なども併せてご覧くださいませ!

髪を失わない為の 育毛成分

発毛ライフで言うところの「防御力」です。医薬品でしたらフィナステリド、デュタステリドなどが該当します。

aga-img16

5αリダクターゼの働きを阻害してテストステロンという良性の結果をもたらすホルモンをジヒドロテストステロンという脱毛を促すホルモンに転化するのを防ぎます。

ただしかしこれは医薬品ですので嫌う方も多いのではないでしょうか。
そもそも女性は絶対に使えません。

そこで天然成分で代用します。ただ脱毛の原因は多数の要因が重なっておこるものです。人それぞれ原因があります。

ざっと以下の様なものがありますのでご自身のタイプと比べてみてください。

ホルモンによるもの

hormone

男性の遺伝による薄毛、老年期の女性の多くはこれに当たります。

これを改善するためには以下の成分が良いとされています。

ノコギリヤシ(ソーパルメット)

言わずと知れた代表格です。サプリメントで飲むのが一般的です。

 

スペシャルアラビアゴム

農学博士・シャハランメスリ氏の製品に配合されていることで知られるペルシア地方伝承の成分。18種類ものアミノ酸が含まれ、有害物質の毒性を中和する効果があります。

d30602-2-954658-6

博士自身がスペシャルアラビアゴムと卵黄を混ぜたものを頭皮に塗布し、完全に抜け毛を止め、薄毛を克服しました。

キャピキシル・ピディオキシジル

こちらは天然成分というと少し語弊がありますが天然由来だったり副作用がなかったりと優秀な成分です。

医薬部外品では販売出来ない為、これを配合している製品分類は奇妙な話ですが化粧品分類です。

ヒオウギエキス・オウゴンエキス・M-034(ミツイシコンブエキス)

多くの育毛剤に配合される成分。炎症を抑え頭皮環境を整えます。

頭皮異常によるもの

enshou

頭皮が炎症をおこしていたりすると脱毛の原因になります。炎症もひどくフケが多い方や、円形脱毛症の疑いがある方は皮膚科を受診することをおすすめしますが、成分としては以下のものがあります。

ダマスクローズウォーター

bara

通称RW47とも呼ばれるダマスクローズウォーターは一般的なローズウォーターを全く異なり、バラ濃度が2倍以上のものを指します。

バラには天然の強い抗菌作用があるため、防腐剤がいらないといわれるほどで、抗炎症・抗酸化作用など様々なメリットが挙げられるオールラウンドな成分です。

 

美しい大自然の限られた場所でのみ栽培が可能なんですね。

ケトコナゾール

フケ取りシャンプーなどで良く使われている医薬品です。頭皮の炎症を抑えミノキシジルのような発毛作用も報告されています。

 

甘草エキス・ビワ葉エキス

頭皮の炎症を抑えると言われています。

老化現象によるもの

rouka

細胞の老化により問答無用で脱毛する事もあります。老化は仕方のない事ですが、なるべく遅らせたいものです。そのためには体の酸化や糖化を抑える事が大切です。

フラーレン・イラクサエキス・オタネニンジンエキス・シーバックソーン

一例ですが抗酸化作用があると言われています。酸化とは体のサビのようなもので、くすみや皮膚の硬化につながります。

シルバーバインエキス・ユキノシタエキス・ウメエキス

酸化ほど有名ではありませんが似た作用として細胞の糖化現象があります。現代人は糖分を取りすぎる傾向にありますので、この問題も見逃せません。

血行不良によるもの

頭皮の血流が滞っていると細胞に酸素や栄養が行き渡らず抜け毛の原因になります。

これについては次回に回したいと思います。次回は残りの発毛力のお話です。

育毛成分を徹底分析!最新 育毛成分 はどれを選ぶべき?【後編】

mp_front
ミノキシジルの2.5倍の養毛作用があるといわれる最新育毛特許取得成分「NcPA」を基準最大分量配合した マスターピース育毛剤
他にもシャハランメスリ博士の厳選した 育毛成分 凝縮で発毛ライフでも注目している製品です。男女兼用なので女性の方にもおすすめできます!
Share.

記事作成者

発毛君

コメントフォーム