このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワードは「 まごわやさしい 」。 薄毛対策は食材選びが肝心!「髪によい食べ物」で健康的な髪の毛を手に入れるための食材考。

0

筆者は更年期後から抜け毛に悩まされ、様々な薄毛対策を行って参りましたが やはり一番大切なのは、健康な髪の毛を維持する為、育毛の基本は食事で栄養をしっかり摂ることが大切だと考えています。

当然ですがカラダは食べるものから成り立っています。ここをおそろかにすると、どんなにしっかり薄毛対策をしたところで、高い効果は期待できません。 髪や頭皮にきちんと栄養を与える食材はどんなものなのか、考察してみました!

薄毛対策のための食材考

栄養が偏っていたり不足しているようでは育毛剤をいくら使っても効果はあまり期待できない!という事を知ったのがきっかけで、 今では表面的なお手入れと同時に、髪の栄養となる食事から見直し、内側からもビタミンやミネラルをバランスよく摂るよう毎日の食事に気を遣ってケアを心がけております。

shokuzai

そうなると気になるのが髪と頭皮に良い食材とは?ということです。

まず、髪の毛は「ケラチン」というタンパク質で形成されておりますのでタンパク質が必須となってきます。 だからといって全てのものを多く摂っていいというわけではありません。「バランス良く」がとても大切です。

ではバランス良い食事と育毛効果があるといわれている食材とは?

■育毛効果がある食材

【タンパク質】
■大豆 ホルモンバランスを調整し、抜け毛を防いでくれます。
【味噌・豆腐・納豆など】

tanpaku

【ビタミンA】
■緑黄色野菜 皮膚や髪の毛の健康に欠かせない成分となります。
【カボチャ・ニンジン・ほうれん草・ブロッコリーなど】

vitamina

【ビタミンB6】
■青魚 血液を作るのにも必要な栄養素となります。
【マグロ・カツオ・アジ・サバなど】

vitamin

【ビタミンD】
■魚 髪の黒い色素を作り出すのに必要な成分となります。
【アジ・サバ・イワシ・サンマ・鮭など】

vitaminb

■バランス良い食事

“ミネラル補給” 塩分を初めカリウム・ナトリウム・亜鉛・銅といった物質 バランスよい食事を作る上で食べるように。
【牡蠣・イワシ・青魚・緑茶・海藻など】

mineral

“血液をきれいに”

髪の毛に栄養を送るために重要な血液をきれいにする食べ物
【ニンニク・ニラ・タマネギなどのネギ科の食べ物】

blood

もちろん、これらを食べるだけで髪の毛がフサフサになるわけではありません。

これらの食材をバランス良く組み合わせ、日々の食生活に組み込むことで、育毛をより効果的に行うためのフォーマットを作ることが可能になるのです。

あくまで基礎体力作りという認識で捉える事が好ましいでしょうね。

髪に良い食材は「 まごわやさしい 」がキーワード!?

まごわやさしい
画像出典元:キニナル

皆さんは「まごわやさしい」って聞いたことありますか?

食生活を改善するキーワードで、この頭文字の食材をバランスよく使う事が大切とされているんです。

以下がまごわやさしいの頭文字の食材です。

「ま」=豆

「ご」=ごま

「わ」=わかめ

「や」=野菜

「さ」=魚

「し」=しいたけ

「い」=いも

野菜とか、魚とかかなりザックリしてますが(笑)、基本的には上記トピックの育毛効果がある食材と重なりますよね。

この「まごわやさしい」食材が、いま薄毛にも良いという事で注目を集めているんです。

 

 

 

テレビ番組ではまごわやさしいが薄毛に良い食材として紹介されました。

 

 

 

毎日こんなに素晴らしい朝食と摂りたいものですね!

 

 

皆さん愛情たっぷりで、さらに健康にも気を遣っていて見習わねばなりません。。

 


さて今回は、まごわやさしい食材も含めて、髪の毛に良いとされるものをご紹介いたしました。これらの食材を活かし、より効果的で効率的な育毛を行っていきたいものですね。

Share.

記事作成者

発毛君

コメントフォーム