このエントリーをはてなブックマークに追加

S-ROSSO エスロッソ・ボストンサプリ工場見学編 第六回(最終回)~工場専務の質疑応答~

0

前回の記事「 S-ROSSO エスロッソ・ボストンサプリ工場見学編 第五回~打錠品のおはなし~ 」

先週まで生産過程の一連の流れを一緒に見てきました。

見学後、7階にあるミーティングルームに移動し工場専務に色々な質問を投げかけてみました。 Q&A形式でまとめてみましたので是非ご覧くださいませ!

s-rosso 7f
キレイな眺めです。残念ながら少し曇ってきてしまいましたが普段は富士山も見えるそうです。

それでは行ってみましょう!

Q.全体を通して清掃に関して力を注いでいるように見えたのですが清掃自体は別業者に依頼しているのですか?

製造後のクリーニング作業まで全て社内で完結しております。基本的に一つの機械に対して必ず『オペレーター』と呼ばれるスタッフが付いていてオペレーターが責任をもって機械を分解・清掃・組み立て・点検という順序で行います。

それとは別に年に3回、GW前、お盆前、正月休みの直前に社内の一斉清掃と点検を行っております。ゴミ、ホコリの清掃はもちろん、虫の駆除等も建物全体で行います。その日は製造エリアに限らず非製造エリアや営業等の業務室など全館・全部屋で清掃を行っております。

Q.ボストンの生産までの流れを今一度教えてください

『ボストン』 全部で27種類の原料を使っています。まずその時に作る総量から、必要な原料の量を割り出し調達します。

全ての原料がすぐに調達できるというわけではございません。3日かかるものや1週間以上かかってしまうものまでその時々によって異なってまいります。

原料が届いたら、届いたもの順に『受け入れ検査』というものをやります。入ってきた原料がちゃんとした原料なのか、前回製造の際の原料をキープしておりますのでそれと比較し間違いがないことを確認します。例えばノコギリヤシなど自然由来の原料は毎回同じというわけでなく天候等によって若干色等に差が出て参りますのでそれが許容範囲内であるかの確認を行います。それも必ず、原料メーカーから提出される試験成績書を元に検査します。

受け入れ検査に合格した原料は原料置き場に回ります。 原料が全て揃いましたら、『秤量(ひょうりょう)』という工程を行います。(秤量については=「S-ROSSO エスロッソ・ボストンサプリ工場見学編 第五回~打錠品のおはなし~」)これは一度の生産にどれだけの原料を使用するのかを正確に把握するためです。秤量する際は必ず記録を取っておきます。後で間違いがあってもすぐに確認できるようそれぞれの原料をどのくらい使うのかが印字され出てきます。それを作業指示書の裏に貼っておき後からでもトレースできるようにしています。

次は原料の混合です。混合につきましては先程混合のエリアでもお話したとおり長時間行えばよいというものではございません。その原料にふさわしい時間というものを踏まえ混合していきます。

ボストンはソフトカプセルですから、その後の行程は2箇所に分かれます。

ゼラチンとグリセリンを混合しカプセルを製造する工程、もう一つは『薬液』と呼ばれる中身の液を製造する工程です。それが終われば先程、機械もお見せしたようにチューブで下して実際にカプセルに詰めていきます。

そのままにしておくとすぐに自重で潰れてしまうので潰れないように回転させながら第一乾燥室で乾燥させます。回転させることによって形を楕円形のまま留めておけるのです。ただしその時点では中までは乾燥していませんので第二乾燥室で並べて本格的に乾燥させます。季節により空気の湿度が変わりますので随時計測しながら測っていきます。

乾燥が終わったら検査です。検査も作業を見て頂いた通り不良品を目視ではねていきます。

そこではじめてバルク品と呼ばれる中身が出来ます。その後、瓶に充填したり化粧箱に入れたりの行程を経て完成に至ります。

もちろん、各段階で検査をします。菌汚染や適正な硬度になっているか、崩壊性等の検査です。

全ての検査に合格してはじめて出荷承認という流れになります。

okiba

Q.製造期間はどれくらいかかるのですか

大雑把に言えば一ヶ月ほどです。

レギュラーの納期は原料調達に一週間、加工・製造に一週間、包装、各試験がそれぞれ一週間位です。

しかし、先程申し上げました通り原料の入荷状況により前後して参ります。一つの原料が入らないだけでも生産はできませんのでその分遅くなってしまいます。

また、新しい商品を開発から行っていく場合は最低でも半年以上はかかります。市場分析に始まり試作をし、予算内での成分配合や、ラベルのデザイン、表示内容のチェック等々今あるものをリピート生産するのとはわけが違います。

Q.成分分析などは第三者機関等に検査依頼しているのですか。

それにつきましては原料メーカーが必ず試験成績証というものを取得しておりますのでそれを確認してから原料受け入れを行っております。

もちろん外部に委託することもありますし大きなメーカーですと自社でそういった検査をする施設が整っている場合もございます。

また取引している原料メーカーは業界で高いシェアを誇る何十年も続いている大手メーカーばかりですので確かな信頼関係が構築できていると自負しております。

ただし原料によっては安定して供給されないものも必ず出てきます。そういったものについては弊社で精査し同等品或いはそれ以上の原料に変更するなどの処置を行っています。

Q.ボストンの成分について

これはエスロッソの企画サイドと何度もミーティングを重ねて精査・検討していきます。

通常、企画がこういった成分を入れたいとかこういったコンセプトで作りたいというものを立ち上げます。

それに対して、例えば主成分以外の成分がまだその時点で決まっていなかったとしたら  我々工場サイドから他にこういった成分も入れてみたらどうだろうと提案させて頂くというスタンスです。

また企画サイドがある程度、成分を決めていたとしてもより面白いものがある場合も我々から提案します。

ただし、髪の毛を生やす・または強くするというサプリメントを開発するにあたり、当初は本当に苦労しました。それはなぜかというと髪の毛という部位自体が『疲れ目にブルーベリー』とか『膝が痛いときにグルコサミン』のように体感として現われやすいものでないからです。

 なぜ髪の毛が反応しづらいのかというと、サプリメントで摂取する場合、飲む方は当然髪の毛にこの栄養成分が行って欲しいと思って飲むわけです。しかし成分が髪の毛にダイレクトに行くかどうかというのは、実際は体が決めるのです。身体はその人の健康状態で不足している部位で更にその中でも命に係わる部分に真っ先に栄養成分を送りますからかなり個人差が出てしまうのです。

そんな中で我々が考えたのは、まず毛根・毛母細胞を刺激し、そこに有効成分を送り込むという事でした。その為にはまず血行を良くしないと毛細血管まで成分が到達しませんので血行を良くするための成分はかなり吟味して配合されております。

moukon
髪の毛に使われるたんぱく質はケラチンの形をとりますのでケラチンの加水分解物・シスチン・ミレットエキスなど、また皮膚・爪・髪などは全て同じものとして考えることが可能ですのでそういった意味で皮膚に良いとされる成分、例えばコラーゲンなども配合しました。

主成分である『ノコギリヤシ』ですが実はこれは科学的に髪の毛に効くという研究論文はまだひとつも発表されていません。ですが、民間伝承や先人の知恵によりどうやら髪に良いようだと云われ続けてきて、実際に効いていると感じることが出来るのです。ノコギリヤシは、前立腺肥大の医薬品としてヨーロッパなどでは古くから使われてきました。近年の研究ではこのメカニズムは実は男性ホルモンを抑制するからだと唱えられ始めています。そうなるとAGAに効果があるという民間伝承も裏付けられることになるのです。

その逆で、一般的には女性ホルモンが多いと髪のツヤや伸びが良いとされておりますのでその意味で女性ホルモンに似た分子構造の大豆イソフラボンも配合しております。

こういった成分のエビデンス(科学的根拠)は確実にあるのでしょうが、研究がまだそこまでの段階に至っていないのです。理由としては、お金や名声に繋がりにくいからだと云われております。例えば癌を研究すれば、名声やお金に直接結びつくので多くの研究者が取り組みます。一つの成分の有効性を実証するためには相当の期間と労力がかかってしまいますから。

またボストンを基本として髪の毛をより黒くすることに特化した『ボストン・ブラック』女性向けの『ボストン・レディース』がございますが、主成分は抑えつつそれぞれのニーズに合った成分を抜き差しして生産しております。

Q.これだけの成分を入れている意図とは

全てをバランス良く摂取することが大切だと考えるからです。どれが欠けていても本来の力をフルに発揮できないのでは困りますからどのようなお客様が飲まれたとしても一定以上の実感が認められるように、あらゆる成分を網羅しております。

s-rosso-sapli


■ 編集後記

こちらが投げかけた質問を何倍にもして返して頂くという、その知識と熱意にただただ口を空けて聞いているだけという感じでしたが、このような生産側の弛まぬ努力に裏打ちされたボストンが育毛サプリメントの中で群を抜いて人気があるのも当然だなという気がいたしました。

今回、サプリメントの生産工場を見学という大変貴重な体験をさせていただきましたが、その貴重な体験と共に生産者のあるべき心構えみたいなものも同時に頂いたような気がします。

それでは「ボストン・サプリメント」の工場見学はこの辺で一度締めさせて頂きますが、快く見学を受け入れて下さったエスロッソの方、工場の方 また、ここまでお読みいただいた読者の皆様、本当にありがとうございました!

余談ですが実は次の工場見学が決定しております!! まだ製品等は明かせませんが近々ご紹介できるかと思いますのでどうぞご期待ください!

←前回「 S-ROSSO エスロッソ・ボストンサプリ工場見学編 第五回~打錠品のおはなし~ 」

【関連記事】
BOSTON育毛剤「ボストンスカルプエッセンス」はキャピキシル+ピディオキシジル配合
女性専用ハリケアサプリ「BOSTONレディース」発売!従来のボストンサプリ3倍の成分量!
【特別企画】ボストンスカルプエッセンスVSチャップアップ

エスロッソさんのホームページ

Share.

記事作成者

発毛君

コメントフォーム