このエントリーをはてなブックマークに追加

10万円 の使い道を薄毛治療に使うならセルフケアに金をまわしてくれ

0

薄毛治療は高いから敬遠していたけど、給付金10万円を使えるのならやってみたい…。意外とそういう風に考えてる方は多いようです。

ところが薄毛治療は、思ったよりかかってしまう場合があるので、しっかりと調べてから始めたいところです。

具体的には、、

  • 総額でいくらかかるのか?
  • 治療を受けるならどこがいい?
  • 育毛剤やシャンプーに比べて効果の違いは?

 

このあたりが気になるところかと思いますので、それぞれ詳しく紹介しますね。

結論から言ってしまうと、10万円だと、「ちょうどなくなる」か「足りなくなる」のどちらかです。

とはいえ、効果があるのは確か。

出費と副作用が気になるのなら、セルフケアにお金をかけるのがおすすめです。

10万円 給付金の使い道は薄毛治療でいい?想像以上にかかるよって話

d49414-1-432111-7

城本クリニックがおよそ1,000人に向けて、薄毛治療についてのアンケートを取っていました。

その内容を見ると、上記の画像を見ればわかるように、想定よりも費用が掛かったという人が意外に多くいますね。

薄毛治療で10万円以上かかったという人のほうが、半分以上いたのがわかります。

これは薄毛治療が、1回だけで終わらない点。

だから想定よりも、費用がかかってしまう人が多かったわけですね。

ww
ここで注目したいのが、50万円以上の割合です。

想定と実際に掛かった総額費用の割合が増加していますよね。

 

薄毛治療は、1回の処方で効果が出ればいいのですが、年間で受けるとなるとかなりの額が想定されます。

※引用:城本クリニックのプレスリリースより

 ではできる限り、10万円に近い形で薄毛治療を終えるように、クリニックの料金の違いについて比較してみました。

大手薄毛クリニックの料金を基本に、特徴についてもチェックしてみましょう。

 

薄毛クリニックの料金の相場と特徴

iStock-1169928112
  • AGAスキンクリニック:12,600円/月~
  • ゴリラクリニック:4,800円/月~
  • AGAヘアクリニック:13,800円/月~
  • 城本クリニック:9,900円/月~

 

薄毛治療を受けたい人は、料金の相場について知りたいでしょう。

ところが料金の相場は治療法によって違いがあるため、クリニックごとに料金の開きがあります。

つまり治療法によって、10万円以内に抑えられるか決まるわけですね。

とはいえクリニックによって、得意分野に違いがあります。

それぞれの特徴について知っておくと、失敗せずに治療を受けられるので、詳しく見てみましょう。

 

AGAに特化しているAGAスキンクリニック

d17336-42-219437-0
  • フィナステリド:4,800円/月
  • プロペシア:7,000円/月
  • ザガーロ:8,600円/月
  • ミノキシジル外用薬:6,200円/本
  • オリジナル発毛薬:14,000円/月~
  • Dr’sメソ治療(頭皮注入):50,000円/月~
  • ミノキジェット:50,000円/月~

 

AGAスキンクリニックは、男性型の薄毛であるAGAに特化したクリニックです。

そのため薄毛で悩む男性なら、このクリニックを選ぼうか迷っている人も少なくないでしょう。

なんと6ヶ月で、約99%の人が発毛を実感したという声があるそうです。

ところが料金を見てみると、月に10,000円を超えています。

最低でも12,000円なので、72,000円の出費に…。

さらにこの料金は、AGAスキンクリニックでは、薄毛の進行を遅らせるプランになります。

つまり髪の毛を増やしたいのなら、10万円を超えてしまうわけですね。

  • 10万円を超えていい人
  • AGAを克服したい人
  • 月に1回の来院ができる人

 

このような人には、AGAスキンクリニックがおすすめ。

とにかく効果重視で、今のうちに薄毛を克服したいのなら、1度通ってみる価値はありそうです。

全国にクリニックを構えているので、そのあたりも安心して通えますよ。

AGAスキンクリニック

 

男性専用の安い美容医療のゴリラクリニック

d4342-88-351415-11
        
  • フィナステリド:4,800円/月
  • アボルブ:9,800円/月
  • AGA外用薬:6,500円/月
  • ノンストレス3注入(Aランク成分2種):19,000円/回
  • ノンストレス3注入(成長因子3種):25,000円/回
  • ノンストレス3注入(成長因子150種以上):110,000円/回
  • ホームケア:17,900円/回

 

AGA専門のクリニックが嫌な人は、ゴリラクリニックがおすすめ。

それは男性の美容総合クリニックなので、通っている姿を見られても、薄毛治療に通っているかわからないからです。

しかも男性専用なので、女性の目を気にせず通えるのもポイント。

治療法も美容クリニックだけあり、内服薬以外の治療も豊富に用意されています。

また比較的「安い料金設定」なのも魅力的です。

そのものの料金は安いですが、さらに割引などのキャンペーンも豊富。

お得に治療を受けたい人におすすめですよ。

ところが、料金が安いからなのか、利用者の評判はよくありませんでした。

  • とにかく10万円以内に抑えたい
  • 薄毛以外の治療も気になる
  • 女性の目が気になって躊躇する

 

このような人はゴリラクリニックがいいですが、良い担当に当たるかどうかはある意味ギャンブル。

せっかくもらえる10万円を使うなら、間違いないところがいいですよね…。

ゴリラクリニック

 

オンラインで診察できるAGAヘアクリニック

iStock-1160912446
  • フィナステリド:5,500円/回
  • デュタステリド:8,000円/回
  • ミノキシジル:10,000円/回
  • ミノキシジル外用薬:13,000円/回
  • 毛髪成分サプリメント:3,000円/回
  • パントガール:9,500円/回
  • ケントコナゾール含有治療薬:3,000円/回
  • 血液検査:3,000円/回~

 

AGA専門のクリニックな上に、オンライン診療ができるのが、AGAヘアクリニックの特徴です。

専用のアプリをインストールし、それを使って医師が診察をしてくれます。

しかも予約もこのアプリがあればできるため、かなり気軽に薄毛治療が受けられそうです。

iStock-1142528978

ところが公式サイトに書かれており、発毛を実感したいのなら、月に13,800円以上はかかるそうです。

つまり料金が高いのがネックになります。

  • オンライン診療を受けたい
  • 効果重視のクリニックに通いたい
  • コロナ感染が気になる

 

このような人に向いたクリニックなので、初めて薄毛治療を受ける人にもちょうどいいでしょう。

ところが10万円以内に抑えられるかといえば、確実とは言えません。

またクリニックで実際に医師に診てもらいたい人にも、少し不向きですね…。

都市部に2院しかないので、通いにくさもデメリットになります。  

AGAヘアクリニック

 

安くて治療の質が高い城本クリニック

d49414-1-219191-9
  • オリジナル内服薬:約11,800円/月
  • オリジナル外用薬:約11,800円/月
  • 内服薬+外用薬:約22,600円/月
  • オリジナル内服薬(6ヶ月分):約9,900円/月
  • オリジナル外用薬(6ヶ月分):約9,900円/月
  • 内服薬+外用薬(6ヶ月分):約18,800円/月

 

城本クリニックは、全国的展開している大手美容クリニック。

結論から言ってしまうと、薄毛治療を10万円で済ませたい人は、城本クリニックがおすすめです。

料金が比較的安い上に、全国展開していて通いやすくなっています。

薄毛治療はある程度、長期間続ける必要があるため、場所は重要です。

さらに料金が安いので、10万円で抑えるのもピッタリ。

料金設定がわかりやすいので、安心して通えますよ。

  • コスパ重視の人
  • 通いやすいクリニックがいい人
  • そこそこ評判がいいクリニックがいい人

 

このような人は、城本クリニックを選ぶと安心です。

もちろん評判も上々だったので、このあたりも初めて薄毛治療を受ける人もポイントが高いでしょう。

とはいえ、クリニックでの薄毛治療にはデメリットがある事も知っておいてください。

城本クリニック

 

同じ 10万円分 で薄毛治療とセルフケアならどっちの使い道がいいのか?

iStock-1176072222

相場をある程度把握してからは、薄毛治療のデメリットを知っておきましょう。

料金が高いのは当たり前ですが、まだまだデメリットはあります。

  • 治療薬は副作用が出る場合がある
  • 治療法によっては痛みがある
  • 高いのに通い続ける必要がある

 

1番のネックは副作用ですね。

効果が出やすい代わりに、体の負担がかかるため、怖くなってしまう人も少なくありません。

また薄毛治療の中には、痛みを感じる方法もあるため、これも続けるのをきつく感じてしまうでしょう。

iStock-1164186891

つまり薄毛治療は10万円出した割に、気軽に続けられないというデメリットがあるわけです。

もちろん続けないと、薄毛を完治なんてできません。

せっかくもらった10万円を、こういった葛藤をしないといけないと思うと、少し気が滅入りますよね…。

とはいえ、医学的に根拠がある方法なので、続ければ薄毛はよくなっていきます。

 

セルフケアとの違いを改めて確認

iStock-587227778

ではセルフケアとの違いを見てみましょう。

ちなみに薄毛対策のセルフケアというのは、次のような方法を指します。

自宅で簡単にできるので、これから薄毛対策を始めたいのなら、ちょうどいい方法でしょう。

  • シャンプー
  • 育毛剤
  • 運動
  • 食事
  • 生活習慣の見直し など

 

これらを使い分ける事で、薄毛の進行を止めるといった効果が期待できます。

もちろん薄毛治療に比べて時間はかかってしまいますが、セルフケアなら気軽に長く続けられるでしょう。

その大きなポイントとなるのが、次の3つですね。

  • 安く抑えられる
  • 痛みを感じない
  • 副作用も心配ない

 

では薄毛治療とどれくらいの差があるのか、具体的に見てみましょう。

 

セルフケアでかかる料金の違い

iStock-1187653232

そもそも10万円の給付金をもらえたから、薄毛治療を始めようとしていたんですよね?

その10万円をセルフケアにまわせば、お金が浮く可能性があります。

  • 育毛シャンプー:3,000円~4,000円
  • 育毛剤:10,000円前後
  • 運動:0円
  • 食事:0円
  • 生活習慣の見直し:0円

 

セリフケアで余分な費用が掛かるのは、基本的にシャンプーと育毛剤だけ。

残りの対策は、内容を変えるだけで薄毛対策になるので、余分な費用は必要ありません。

また質の高い育毛剤を使っている場合は、そこまでシャンプーにこだわる必要はないでしょう。

もちろんこだわったほうが、頭皮の状態を整いやすいですけどね。

ちなみに育毛剤を使うなら、マスターピースがおすすめ。

これなら今使っているシャンプーのままでも、薄毛ケアとしては十分です。

mp_front
ミノキシジルの2.5倍の養毛作用があるといわれる最新育毛特許取得成分「NcPA」を基準最大分量配合した マスターピース育毛剤
他にもシャハランメスリ博士の厳選した 育毛成分 凝縮で発毛ライフでも注目している製品です。男女兼用なので女性の方にもおすすめできます!

 

1か月の費用は、15,000円以内に抑えられます。

10万円の給付を使ったとしても、それ以上使う心配がなさそうですね。

ちなみに運動や食事に関しては、当サイトで紹介している記事があるので、それを参考に試してみましょう。

意識を変えるだけで、薄毛対策になりますよ。

 

10万円 の使い道を薄毛以外にも使いたい人はセルフケアがおすすめ

iStock-493068333

10万円の給付金を、薄毛治療に使おうか迷っている人の中には、副作用などが気になってしまう人も多いでしょう。

使い道を迷っているなら、セルフケアに回したほうが安心ですよ。

6ヶ月間のトータルで見れば、費用が抑えられる上に、副作用の心配もありません。

6ヶ月分の費用

  • 薄毛治療:100,000円以上
  • セルフケア:60,000円~100,000円ほど

 

これから薄毛ケアを始める人は、とりあえず10万円をセルフケアに回して、どのような感じか確かめるのもアリです。

またケアの方法に慣れてからでも、薄毛治療に挑戦しても遅くありません。

焦らずじっくり続けるのが、薄毛ケアとしての基本です。

もちろんどうしても、10万円の給付を薄毛治療として使いたいのなら、副作用などのリスクも考慮してご検討くださいね!

Share.

記事作成者

発毛先生

コメントフォーム